豪邸を建てるTOP » 豪邸施工事例集 » モダンな豪邸特集 » 大自然と人を結ぶ無垢な空間
豪邸を建てるTOP » 豪邸施工事例集 » モダンな豪邸特集 » 大自然と人を結ぶ無垢な空間
modern

大自然と人を結ぶ無垢な空間

丘陵地帯の豪邸_外観

北海道の荒野に建つ邸宅の外観になります。景観の調和を意識して、打ち放しのコンクリートが採用されています。2階に突き出した空間は、書斎兼寝室になります。

丘陵地帯の豪邸_ピロティ

玄関からは長大な屋根が突出し、ポーチの役目を果たしています。屋根は車寄せの一角を覆うように突き出していますので、雨や雪の日でも体をぬらさず、家屋への出入りを可能にしてくれます。

丘陵地帯の豪邸_リビング&ダイニング

シナ材の天井、ナラを使用した床など、木目が美しいリビングとダイニングが広がっています。窓枠にも木材が使用されており、室内に独特の温かみを与えています。

丘陵地帯の豪邸_寝室兼書斎

2階に突き出した寝室兼書斎は、どれだけの降雪があっても景観を邪魔されない位置に設けられています。タモ材を使用した造作家具と、シナ材、ナラ材の天井・床が北の大地の耕作地と一体感を見せています。

丘陵地帯の豪邸_エントランス

エントランスの正面には、北海道の丘陵とカラマツの林を眺められる大開口が設けられています。直線を多用した外観とは一転して、たたきとホールの境界にある上がり框には、優雅な曲線が描かれており、居心地の良さを感じさせてくれます。

丘陵地帯の豪邸_階段

1階と2階を結ぶ階段は、美しい曲線を描いており、吹き抜けのホールが開放感を演出しています。鉄製の手すりは細部にまで利便性が考慮されており、広い角度から最短で進入できるように、手すりが階段を離れて外側に開かれています。

丘陵地帯の豪邸_バスルーム

バスルームにも大開口が設けられているため、北の大地の稜線やカラマツの林を眺められるようになっています。窓の一部は開閉が可能なため、季節に応じて凍てつく冷気や、冷涼なそよ風をバスルームに取り込めるようになっています。

丘陵地帯の豪邸_廊下

廊下やリビングの一部などに、タモ材の列柱が配置されています。堂々とした木材が、ときに安心感を与え、ときに視覚を喜ばせてくれます。

丘陵地帯の豪邸_外観
丘陵地帯の豪邸_ピロティ
丘陵地帯の豪邸_リビング&ダイニング
丘陵地帯の豪邸_寝室兼書斎
丘陵地帯の豪邸_エントランス
丘陵地帯の豪邸_階段
丘陵地帯の豪邸_バスルーム
丘陵地帯の豪邸_廊下

施主の思い

自然の中に住みたい

東京で生まれた者として、北海道ではできるだけ自然の中に住みたいと願いました。水道も下水もない荒野で生きたい願う切実な思いを、形にしてもらいました。

建築家はこう作った

オーナーの決断を形にする覚悟

施主とは共に建築地探しに1年を費やしました。オーナーの決断を受け止め、この場所でのオーナーの生活をより快適な場所に仕上げるために、覚悟を持って仕事にあたりました。

住宅基本情報

所在地 北海道 構造 RC造 地上2階 延べ床面積
(㎡)
521.5㎡
施工事例提供

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

ハウジングオペレーションアーキテクツ

何十年経っても色あせない、町の文化遺産として後世に愛されるような高級注文住宅を、北海道を中心に国産材で作り上げるハウジングオペレーションアーキテクツ(HOP)。「古くならずに、深くなる」、年とともに愛着の深まる邸宅づくりの事例を紹介します。

ハウジングオペレーションアーキテクツ
取材協力HOP(株)
公式HPを見る
電話で問い合わせる