豪邸を建てるTOP » 豪邸施工事例集 » 伝統的(トラディショナル)スタイルの豪邸特集 » 巨匠のデザインを取り入れたクラシックスタイル
豪邸を建てるTOP » 豪邸施工事例集 » 伝統的(トラディショナル)スタイルの豪邸特集 » 巨匠のデザインを取り入れたクラシックスタイル
traditional

巨匠のデザインを取り入れたクラシックスタイル

フランク・ロイド・ライトのような家_外観

70代の夫婦を核に総勢12名が同居する家族のために、建物をブロックで分け、ツリー状に動線を設計して、家族が適度な距離感で暮らせる空間に仕上げています。札幌の町に溶け込む落ち着いた外観も魅力的です。

フランク・ロイド・ライトのような家_エントランス_外

アプローチの天井には北国の陽光をふんだんに取り込む開口部が設けられており、広大なアプローチに明るい印象を与えています。

フランク・ロイド・ライトのような家_エントランス_中

玄関は木目の美しい国産材が多用されており、上がり框の曲線が優しい印象を与えています。隣室には靴を履いたまま、あるいは脱いだ状態で入室できるウォークインクローゼットが設けられています。

フランク・ロイド・ライトのような家_ダイニング

ダイニングやキッチン、リビングは木目の美しい国産材が多用され、自然の温もりを感じられる空間になっています。また、柱に用いられたレンガタイルも落ち着いた空間に味わいを添えています。

フランク・ロイド・ライトのような家_リビング_1

南に向いた大開口部から北国の陽光をふんだんに取り込んでいます。太い国産材の柱やはりが堅牢性を示し、吹き抜けを設けた高い天井が圧倒的な開放感をもたらします。

フランク・ロイド・ライトのような家_リビング_2

吹き抜け空間に円柱状のペンダントライトのシェードを設けて、縦方向への動きを強調しています。また、吹き抜けの天井には幾何学模様が施されており、空間全体がモダンな印象を放っています。

フランク・ロイド・ライトのような家_ダイニング&リビング

別棟のキッチン、ダイニング、リビングになります。耳付きの無垢材を使ったダイニングテーブルや床材、柱や備え付け家具の木目が落ち着いた印象を与えます。

フランク・ロイド・ライトのような家_ベッドルーム

2棟ある邸宅には合計3つのメインベッドルームがあり、子ども部屋が6部屋あります。各ベッドルームや子ども部屋への動線は進入経路が制限されているため、各部屋の距離感が十分に保たれています。

フランク・ロイド・ライトのような家_外観
フランク・ロイド・ライトのような家_エントランス_外
フランク・ロイド・ライトのような家_エントランス_中
フランク・ロイド・ライトのような家_ダイニング
フランク・ロイド・ライトのような家_リビング_1
フランク・ロイド・ライトのような家_リビング_2
フランク・ロイド・ライトのような家_ダイニング&リビング
フランク・ロイド・ライトのような家_ベッドルーム

施主の思い

後世に残る住宅

土地が持つ素晴らしい景観を損ねることなく、後世の文化たりえる住宅の建築を望んでいました。

建築家はこう作った

巨匠・フランクロイドライトのデザイン要素とHOPの考えの融合

オーナー様の意向を受けて、自然を活かし、木を活かすという私自身が常々考えていた理念を意識しました。敷地が不整形であるという特徴を生かして、建物をブロックで分けて、総勢12名という大家族が適度な距離感を保ちながら住める住宅を設計しました。インテリアには20世紀を代表する建築家フランク・ロイド・ライトのデザイン要素を取り入れながら、HOPのオリジナルデザインを融合したクラシックモダンに統一しています。また、新しい家でも家族のこれまでの関係性が良い形で継承されている様子から「住まいは住まい手が快適に演ずる舞台である」というHOPの理想を込めることができた邸宅でもあります。

住宅基本情報

所在地 北海道 構造 木造2階建一部RC造 延べ床面積
(㎡)
313.04㎡
施工事例提供

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

ハウジングオペレーションアーキテクツ

何十年経っても色あせない、町の文化遺産として後世に愛されるような高級注文住宅を、北海道を中心に国産材で作り上げるハウジングオペレーションアーキテクツ(HOP)。「古くならずに、深くなる」、年とともに愛着の深まる邸宅づくりの事例を紹介します。

ハウジングオペレーションアーキテクツ
取材協力HOP(株)
公式HPを見る
電話で問い合わせる