豪邸を建てるTOP » 豪邸のこだわりを知る » 自宅に書庫がある生活とは
豪邸を建てるTOP » 豪邸のこだわりを知る » 自宅に書庫がある生活とは

自宅に書庫がある生活

経営者や投資家といった、いわゆる富裕層と呼ばれる人の多くは、読書を習慣的に生活の一部として取り入れています。多くのビジネスマンにとって、本から得られる知識は、お金には変えられない貴重な財産であると言っても過言ではありません。読書好きのなかには、本に囲まれた生活に憧れ、自宅に専用の書庫をつくる人も。ここでは、そんな自宅に書庫がある生活をテーマに、書庫の種類やメリットについて紹介しています。

こだわり

なぜ成功者は皆こぞって読書をするのか?

アメリカでベストセラーを記録した「Rich Habits(お金持ちの習慣)」の著者であるトーマス・コーリー氏は、著書のなかで、富裕層と貧困層の違いのひとつとして、「読書の習慣」を挙げています。

これは、トーマス氏が実際に200名以上の金融資産3億3,000円以上のお金持ちと、128人の貧しい人々について行なった調査によって導き出された答えです。

その気になる調査結果では、なんと成功者の88%が毎日30分以上の読書を行なっていることが判明。一方、貧困層はわずか2%と、その差は歴然です。世界で活躍する成功者の中には、1日の労働時間の実に8割を読書にあてている人も。なぜ読書がそれほどまでに重要視されるのか、その具体的な理由や効果についてまとめてみました。

新しい視点や発想を与えてくれる

移り変わりが激しい現代では、自分が想定していないことが多々起こります。読書は、偉大な先人たちが書き残した知恵の宝庫でもあり、新しいものを生み出すヒントを与えてくれるアイテムでもあります。新しい視点が生まれれば、自然と発想も豊かになるでしょう。自分一人では得られない経験や知識を吸収できるのが読書の最大の魅力です。

話術が磨ける

さまざまな言葉に触れることができる読書は、単に語彙力を養うだけでなく、人間の心理や言葉の伝え方も同時に養うことができます。ビジネスマンにとって、相手を納得させる力や人を惹きつける能力は仕事をする上でも重要な要素です。

ストレス解消や決断力の向上に繋がる

読書は、科学的にストレスやうつを予防する効果があると実証されています。仕事やプライベートで嫌なことがあったとしても、読書に夢中になっている間は嫌なことも忘れ、気持ちも楽になるでしょう。また、共感力や決断力を高め、人生の幸福度も向上させてくれます。

書庫をつくるメリット

保管スペースを確保できる

本は次々に発売されるため、気が付いたら部屋中が本で溢れている…なんて人も多いはず。そんなときに役立つのが、書庫です。部屋のひとつを書庫として利用することで、たくさんの本を保管できます。

また、書庫は簡易的な本棚とは違い、十分なスペースを確保できるため、山積みになった本をジャンルや作家ごとにキレイに分けることも可能。そのため、読みたい本をすぐに探すことができます。自分が読みたい本をすぐに取り出せるのは、書庫の大きなメリットだと言えるでしょう。

本に囲まれた生活で心が豊かになる

読書好きの方にとって、本に囲まれた生活は夢の一つでもあるでしょう。自宅に自分専用の書庫があれば、その夢を叶えることもできますし、本を読む時間は、音楽とはまた違う癒しや安らぎを与えてくれます。本に囲まれ、広々したスペースの真ん中で行う読書は、知識だけでなく心も豊かにしてくれるでしょう。

書庫の種類

自宅の一室すべてを書庫として活用するのが理想的ですが、どうしてもそれほど大きなスペースが確保できない場合は、収納に優れた簡易的な書庫を購入するのがおすすめです。ここでは数ある書庫のなかでも代表的な5つをご紹介します。

両開き書庫

収納の書庫に観音開き扉がついている両開き書庫。中央部に引手があるため利便性が高いのもポイントの一つです。

片開き書庫

書庫についた扉の取手を手前に引いて中が見える扉のついた書庫のことを、片開き書庫と言います。

オープン書庫

扉がついていないため、収納した本が一目でわかるオープン書庫。検索性に優れているのが特徴で、いろいろな高さを選ぶことが可能です。

スチール引き違い書庫

扉がスライド式になっているため、左右どちらからもスライドさせて本を出し入れすることが可能。スチール引き違い書庫の大きなメリットは、扉を開ける余分なスペースがないこと。限られた空間を圧迫せずに済みます。

ガラス引き違い書庫

ガラス引き違い書庫は、スチール引き違い書庫同様に、扉を開閉する際にスペースを要さないのが特徴です。視認性があるため、どこになにがあるのかをすぐにチェックできます。

取材協力HOP(株)
公式HPを見る
電話で問い合わせる