豪邸を建てるTOP » 豪邸のこだわりを知る » 水盤で豪邸に癒しの空間をつくる
豪邸を建てるTOP » 豪邸のこだわりを知る » 水盤で豪邸に癒しの空間をつくる
 

豪邸に住むなら水盤で雰囲気づくりを

一般的な家庭ではなかなか見ることのない水盤。屋内や屋外に浅い水面を取り入れることを「水盤」といい、プールや池、噴水とは異なります。とはいえ大きさやデザインなど自由度の高く、自分の「城」へどう取り入れるかによって、豪邸の雰囲気やグレードに違いが出ます。水は「静」を感じさせるため、広範囲に取り入れて水盤に景色を映してみたり、小川のように水を流し視覚と聴覚で楽しんだりと、その人の好みによってあらゆる雰囲気をつくることが可能です。

こだわり

水盤を取り入れるメリット

独特の雰囲気が出せる

水盤を取り入れる最大のメリットは、何といっても水が織り成す独特の雰囲気を味わえること。水を敷き詰めてそのまま水盤として取り入れるのも良いですが、水中ライトを使ったり水を流して動きを出したりすることで、リゾートホテルのような高級感を演出することも可能です。また、水盤に庭や景色を写すことで、実際よりもさらに奥行きのある空間を演出できます。

水の揺らめきや音によって癒される

癒しの空間ではよく水の流れる音を取り入れていますが、水盤も同じように「心の癒し」につながります。ゆらゆらと揺れる水面を見ているだけでも心が落ち着きますが、ゆるやかな流れを出してみたり、照明を使って水の揺らめきを天井に映し出したりすることで、自分好みの癒しを取り入れることができるでしょう。

防犯につながる

庭や家の周りに水盤を取り入れると、不審者が侵入しづらくなるというメリットもあります。例えば、家の周りに水盤が敷き詰めてあれば侵入する際に濡れてしまいますし、音も発生しますので、不審者は水盤を見ただけでその家をターゲットから外すのだそうです。人生の成功者が建てられる豪邸は不審者から狙われやすく、セキュリティ対策も重要な問題。ハイセンスなデザイン設計によって防犯にも繋げられると、一石二鳥でしょう。

水盤を取り入れるデメリット

手入れが必要

水盤を取り入れる場合は定期的な手入れが必要になります。屋外はもちろん、屋内に取り入れたとしても、水回りというのはどうしても汚れが溜まりやすくなりますので、水を交換したり、ごみや汚れを掃除したりしなければなりません。もしそのまま放置すれば見栄えはもちろん、逆に雰囲気を悪化させることも考えられます。

取り入れる場所によっては落下の危険性も

水盤は防犯のメリットがあると紹介しましたが、逆に考えれば自分たちが誤って落下する可能性もあるということです。もちろん水盤を取り入れる場所にもよりますが、「水面に浮かぶ家を演出したい」と考えて設計した場合、小さなお子さんが誤って水盤に落ちる危険性もあります。ライフスタイルや希望のデザインについてイメージを膨らませると同時に、安全を確保できるかどうかも相談しながら、豪邸に水盤を設けてください。