豪邸を建てるTOP » 豪邸のこだわりを知る » ワインセラーのある暮らしがもたらす価値と魅力
豪邸を建てるTOP » 豪邸のこだわりを知る » ワインセラーのある暮らしがもたらす価値と魅力

「一流」はなぜワインにはまるのか

豪邸で暮らす富裕層には自宅にワインセラーを持つ人も大勢います。ワインセラーのある暮らしは彼らにとってどのような価値や魅力を持っているのでしょうか。

こだわり

ワインの魅力とは?

古今東西、大勢の人々を魅了し続けているワインの魅力とは、一体どのようなものなのでしょう。

再現性のない味

ワイン愛好家にワインの魅力を尋ねると、「味」を挙げる人がいます。実際、ワインは世界中の料理に合うお酒として人気があり、またワインだけでも十分に楽しめる点は大きな魅力です。さらに、ワインの種類は世界中で莫大な数に上り、日本国内でも美味しいワインは数多く存在しています。

しかし、ワインの味における真の魅力は、その「再現性のなさ」と言えるでしょう。

基本的にワインの材料にはブドウが使われますが、同じブドウを使っているからと言って、それぞれのワイナリーで作られたワインの味が同じになるとは限りません。いっそ同じワイナリーのワインであったとしても、ブドウを栽培している畑が違うだけで、完成したワインの味が大きく異なることもあります。

もちろん、ワインの味は生産地の気候や、その年の天候、作り手によっても大きく左右されます。言い換えれば、1年前に作られたワインの味は、1万年かかっても作り出すことが出来ないかも知れないのです。

変化し続ける味

ワインの味は生産された時から抜栓する瞬間まで、刻一刻と変化し続けます。その為、ワインはしばしば「生きている」と形容され、きちんとしたワインセラーの中で正しく保管されていれば、栓を開けるタイミングや時期によってその味が見事に成長(熟成)していることも珍しくありません。

また、ワインの味は抜栓した直後から、酸素と触れ合うことでさらに急速に変化します。その為、ワインは一度でも栓を開けてしまうと、その味を真に楽しもうと思えば出来る限り早めに飲みきってしまうことが原則です。

反面、ワインセラーなどワインの保管に適した設備を持っていない家では、ワインにとってあまり好ましくない環境で保管せざるを得ない場合もあるでしょう。すると、どれほど完成されたワインであっても、その味はどんどん劣化していきます。そして、一度でも劣化したワインが再び美味しくなることはありません。

世界基準のビジネスツール

世界中で作られているワインですが、それはつまり世界中の接待や出会いの場で飲まれている飲料だとも言えます。特に、海外の一流ビジネスマンやセレブと接する人々にとって、ワインに対する知識や教養を持っていることは、非常に大きな利点です。ましてや、自宅にワインセラーのある暮らしを送っていれば、そのようなVIPを迎えた際にも「おもてなし」として特別なワインを振る舞うことも可能です。

現に、一流の企業家や王侯貴族などでは、もてなす相手に対する敬意や印象をワインによって表現することも少なくありません。反対に、自分が相手の豪邸を訪れた際に、最高級の年代物ワインをご馳走されれば、自分が相手にとって特別な存在であると実感できるでしょう。

ワインセラーのある暮らしを普段から送っているということは、国際的に通用する強力なビジネスツールを常備しておけるということでもあります。

ヴィンテージワインの価値

製造された年代によって味が変わるワインは、そのラベルに必ず製造年(ヴィンテージ)が印字されています。その為、ワイン愛好家でなくても、結婚や子供の誕生、ビジネスの成功など、何かの記念品としてもワインは人気です。特に出来の良い年のワインはグレート・ヴィンテージと呼ばれ、月日が経過する毎にその価値が上昇していくというのも、ワインが記念品として愛される理由の一つです。

ワイン投資としての価値

ワインは個人的に楽しんだり、ビジネスツールとして活用したりするだけでなく、その希少性を利用した投資対象としても人気です。

ワイン投資とは?

ワイン投資とは、正しく熟成するほどに価値が高まるワインの商品性と、同じヴィンテージのワインの本数が増えることは二度とないという希少性を利用して、購入したワインの価値が高まってから売却することで利益を得るという事業です。

ワイン投資のメリット

ワインの価値は、熟成が進めば進むほど、また同じ年代・生産地のワインが消費されればされるほど高まっていきます。しかも、素晴らしいワインの製造は一朝一夕に叶うものでなく、ワイン供給数が急に増大して値崩れを起こすリスクも高くありません。

また、ワイン投資で最大のメリットは、ワインの価格が思ったより高騰しない場合でも、自分で飲んだりビジネスに活用したり出来るという点です。

ワイン投資のデメリット

ワインが繊細な「生き物」である限り、ワインが死んでしまえばワインの価値は0になってしまいます。また、ボトルが割れてしまっても同様です。その為、ワインセラーなど安全かつ適切にワインを保管できる環境の整備が不可欠です。

また、そもそも人気のワインは購入時の価格が高く、初期投資額が上がってしまうことを避けられません。その為、ワイン投資で効果的に儲けるには、どうしてもワインに対する目利き能力や先見性が必須です。

」豪邸を建てる人のための日本の豪邸施工事例特集
取材協力HOP(株)
公式HPを見る
電話で問い合わせる