豪邸を建てるTOP » 【取材協力】ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社 » 心潤す豪邸を建てつづける ハウジングオペレーションアーキテクツ(HOP)の 住まいづくり流儀 » 原点・社史
豪邸を建てるTOP » 【取材協力】ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社 » 心潤す豪邸を建てつづける ハウジングオペレーションアーキテクツ(HOP)の 住まいづくり流儀 » 原点・社史

原点・社史

「森を建てよう」をテーマに、国産材にこだわった家づくりを全国各地で行っているハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社(HOP)。このページでは、そんなHOPの原点や会社の歴史といった沿革についてご紹介していきます。

HOPの原点は日本古来の伝統建築

HOPの原点は、建築家・石出和博氏と法隆寺の宮大工を務めた西岡常一棟梁との出会いに始まります。西岡棟梁の著書に感動した石出氏は京都へ出向き、薬師寺西塔の再建を手がけていた西岡棟梁と対面。そこで、このような言葉をもらったのです。

「あなたが今造っているものが、五十年もたったらその町の文化になる。そういうものを造らなければいけない。お金をかけることよりも、本物の素材をうまく生かせば美しいものは造れる。美しいものはかならず残ります。古いから美しいのではなくて、古くなっても美しいものはやっぱり本物なのです。あなたは設計をやっているというが、図面を書くことだけを考えるのではなく、職人さんと一緒になって、建物にいのちをふきこまなければいけない。そういう責任感をもって建築をやらなければならない」

この、西岡棟梁の言葉に深く感銘を受けた石出氏。それ以来、「木の心を知り生かすこと」「日本建築の伝統を受け継いで次世代に引き継ぐこと」を自身の使命とし、自然素材にこだわった「月日が経つごとに深みを増す美しい家」を生み出し続けています。

HOPの社史

  • 1974年4月:現HOPグループ代表取締役会長CEO石出和博が宮大工藤田工務店入社、宮大工の技術を学ぶ。
  • 1978年6月:石出和博設計によるデビュー作G邸発表。
  • 1984年4月:株式会社 藤田工務店設立。
  • 宮大工藤田辰雄氏と石出和博が共同出資で株式会社 藤田工務店設立。
    代表取締役専務 石出和博就任。
  • 1986年10月:藤田工務店設計室アトリエアム(ARCHITECTURAL MEMBERS)として一級建築士事務所開設。(札幌市中央区北4条西21丁目プレステージ21 2F)
  • 1987年3月:備前作家6名による「備前との出会い」展をヤマハイベントホールにて主催。
  • 1989年8月:一級建築士事務所 アトリエアム株式会社設立、石出和博が代表取締役所長に就任。以来毎年、日本建築学会北海道支部で建築作品発表。日本建築学会会員、北海道デザイン協議会会員となる。
  • 1990年9月:本社ビル建築、札幌市中央区北4条西21丁目2-1に本社事務所を移転。
    本社ビル1階に芸術と住文化を考える場として「アム・アートギャラリー」開設。
    その後1999年まで北海道の最先端アートの発信基地として多くの作家に作品発表の場を与える。
  • 1992年4月:月刊さっぽろにて「石出和博のこころ紀行」連載スタート。(1999年まで連載)
  • 1995年1月:建築家、大学研究者等13名をメンバーとして「北海道新住宅産業開発協議会」 を発足。21世紀の建築の方向性を探り、HOP設立へとつながる。
  • 1995年10月:第1回北海道美術作家芦別選抜展開催。(アム・アートギャラリー主催・芦別市後援)第2回は1997年10月に開催。
  • 1995年10月:「北海道新住宅産業開発協議会」 を拡大し、「新住宅システム開発協同 組合」設立。間伐材の伐採、製材、乾燥を一括して行いコスト低減するとともに、安定的な資材確保を目的に、芦別の森林業者を組織化。
  • 1997年3月:「林野庁木材供給低コスト化総合対策事業」として認定を受ける。
  • 1997年4月:北海道林産試験場との共同研究により、それまで建築材としては使用が難しいとされてきたトドマツ間伐材を乾燥させる方法の共同開発を開始。
  • 1997年5月:ハウジングオペレーション株式会社(通称HOP)設立。石出和博が代表に就任。HOPグループ体制始動。
  • 1997年10月:北日本精機本社ビルがグッドデザイン北海道受賞。
  • 1998年3月:トドマツ間伐材を構造材に使用したHOPモデルハウスを札幌市中央区に建設。
  • 1998年4月:北海道産業クラスター事業のコーディネーター制度の適応を受け、フランチャイズチェーン方式による全国展開の方向性と具体策を策定。
  • 1999年3月:芦別市にトドマツ間伐材高温乾燥機3台と高性能修正引き工場を新住宅システム開発協同組合と協同出資で建設。
  • 1999年4月:建設省日本住宅木材技術センターの「木造住宅合理化システム高耐久性能」認定を受ける。
  • 1999年6月:ハウジングオペレーションが株式会社藤田工務店の株式を100%取得、HOPグループの代表となる。
  • 1999年10月:石出和博フォトエッセイ集「こころ紀行」出版。
  • 2000年:札幌商工会議所主催「北の企業家表彰奨励賞」受賞。
  • 2000年10月:第14回 東京ビジネスサミット出展。北洋インベストメント株式会社主催「ノースパシフィックアントレプレナー大賞」受賞。
  • 2000年11月:エコ・フューチャー・メッセ環境世界展出展。
  • 2001年:財団法人日本木材総合情報センター主催「第1回 木材供給システム優良事業林野長官賞」受賞。
  • 2001年6月:財団法人建築環境・省エネルギー機構の「環境共生住宅」の認定を受ける。
  • 2001年7月:横浜みなとみらいに東日本支社を開設。(HOP東日本)
  • 2002年9月:「HOPの森 植樹祭」を開催。以後毎年開催する。
  • 2003年2月:京都支社開設。
  • 2004年3月:NPO法人森をたてようネットワーク設立。
  • 2004年11月:第1回「HOP森の教室in法然院」を京都にて開催。(ゲスト 千宗室 氏)
  • 2005年10月:第2回「HOP森の教室in法然院」を京都にて開催。(ゲスト C.Wニコル 氏)
  • 2006年:経済産業大臣賞受賞。(消費者志向優良企業)
    消費者志向優良企業等表彰において、経済産業大臣表彰「啓発・教育分野」に選定され受賞。
  • 2007年5月:帯広支店開設。
  • 2007年6月:旭川支店開設。
  • 2007年8月:HOP設立10周年を記念して「宮の森HOPの家」発表。
  • 2007年11月:第3回「HOP森の教室in法然院」を京都にて開催。(ゲスト 故 立松 和平氏)
  • 2008年1月:作品集「石出和博とアトリエアムの世界」(ART BOX社)出版。
  • 2008年3月:京都支社がHOP京都(京都ハウジングオペレーション株式会社)としてスタート。
  • 2008年3月:第4回「HOP森の教室in札幌」を開催。(ゲスト大森健司氏)
  • 2008年6月:HOPグループ3社がSGEC森林認証を取得。
  • 2008年12月:人工林間伐材の乾燥処理技術を開発し、4面スリット工法を特許取得。
  • 2009年7月:広報誌「青山流儀」発行。HOP作品を通して、これからの住宅への思いなどを美しいビジュアルでお届けするHOPの広報誌。
  • 2009年11月:帯広支店移転・拡張。
  • 2010年2月:経済産業省主催 ジャパンベンチャーアワード2010 環境特別賞受賞。
  • 2010年2月:端材を利用した積木「大工さんがつくった積木」製作。
  • 2010年6月:ハウジングオペレーションを「ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社」へ社名変更。
  • 2011年3月:経済産業省主催 北海道IT経営貢献賞受賞。道内企業の規範となるすぐれたIT経営を実践している企業として経済産業省より表彰されました。
  • 2011年4月:先進の省エネ技術「パッシブハウス」の考え方を採用した「HOP新コンセプトハウス」発表。(国土交通省 地域材活用木造住宅振興事業)
  • 2012年5月:HOP設立15周年。
  • 2013年3月:「LWL」Living Wellness in Luxuryに参加。家の中での生活をいかに快適でラグジュアリーに過ごすかという、これからの時代が求める新しい生活コンセプトのLWLは世界のトップブランドが集結しています。
  • 2014年4月:世界のトップブランド(LWL)が集結したHOP新コンセプトハウスをグランドオープン。
  • 2014年9月:起業家表彰制度 「EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2014ジャパン」 HOP代表CEO石出 和博が 北海道代表に選出。
  • 2014年10月:第1回 HOP新コンセプトハウスギャラリー企画として人間国宝の系譜啓・雄・和「備前 藤原三代展」を開催。
  • 2015年:HOPの新ブランド「STEP LINE 」誕生。シンプルでありながら街並みに映える洗練されたデザインと、現代的な快適さを優先させた100プランを発表。
  • 2016年:HOP設立20周年。
  • 2016年6月:石出和博がHOPグループ株式会社ホールディングス代表取締役会長CEO、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社代表取締役会長に就任。関恵里子がハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社代表取締役社長に就任。
  • 2017年4月:HOP名古屋開設。(名古屋市中区錦二丁目4-15)
  • 2019年6月:HOP大阪開設。アトリエアム大阪開設。(大阪市中央区今橋3丁目2-14)
施工事例提供

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

ハウジングオペレーションアーキテクツ

何十年経っても色あせない、町の文化遺産として後世に愛されるような高級注文住宅を、北海道を中心に国産材で作り上げるハウジングオペレーションアーキテクツ(HOP)。「古くならずに、深くなる」、年とともに愛着の深まる邸宅づくりの事例を紹介します。

ハウジングオペレーションアーキテクツ
取材協力HOP(株)
公式HPを見る
電話で問い合わせる