豪邸を建てるTOP » 日本の高級住宅地一覧 » 東京 » 南平台町
豪邸を建てるTOP » 日本の高級住宅地一覧 » 東京 » 南平台町

高級住宅地 南平台町の魅力は

  • 歴代首相など政財界の要人が愛した邸宅街
  • 教会や大使館が多く、国際色豊かで情緒のある雰囲気
  • 世界の富裕層が自家用ジェットを使って食べに来る特別なグルメも充実
南平台町

南平台町の住環境

ショッピング環境

渋谷道玄坂の南に位置し、旧山手通りを挟んで代官山周辺エリアの東側にある南平台町からは、渋谷に加えて、幾つものアートギャラリーやお洒落なショッピングスポットへ気軽に立ち寄れます。

代官山T-SITE

代官山T-SITE

引用元:代官山T-SITE公式サイト
http://real.tsite.jp/daikanyama/

住所
渋谷区猿楽町17-5
区分
複合商業施設
特徴
蔦谷書店がメインとなり、そこへカフェやクリニック、その他にも様々な専門店が併設された複合商業施設です。設計や建築には各業界でも人気のクリエイターが集結し、そこにいるだけで楽しめる空間が作られています。

ART FRONT GALLERY

ART FRONT GALLERY

引用元:ART FRONT GALLERT公式サイト
http://www.artfrontgallery.com/

住所
渋谷区猿楽町29-18ヒルサイドテラスA棟
区分
ギャラリー
特徴
1984年の開設以来、国内外を問わず魅力的な芸術家を世に知らしめ、同時に多くの展覧会を企画しています。新進気鋭の作家から大人気の作家まで、豊かな感性が創り出す作品群は、“本物”を知る人を感動で震わせます。

教育環境

南平台町の南にはかつて「天下の一商」と呼ばれた都立第一商業高校があります。また、その西には西郷隆盛の弟、西郷從道の邸宅があった西郷山公園があり、都会に暮らす人々に四季折々の景色の美しさを教えています。

東京都立第一商業高校

東京都立第一商業高校

引用元:東京都立第一商業高校公式サイト
http://www.daiichishogyo-h.metro.tokyo.jp/site/zen/

住所
渋谷区鉢山町8番1号
区分
公立高校
特徴
東京の公立商業学校の中でも、特に初期に設立された学校です。卒業生には政財界の重鎮も多く、さらには複数の直木賞作家や東京大学名誉教授や一橋大学名誉教授といった文化人もいるなど、非常に格式高い名門校です。

西郷山公園

西郷山公園

引用元:目黒区公式サイト西郷山公園
http://www.city.meguro.tokyo.jp/shisetsu/shisetsu/koen/saigo.html

住所
目黒区青葉台二丁目10番28号
区分
公園
特徴
西郷隆盛の弟で、明治期の政治家でもあった西郷從道の邸宅があったことに由来する公園です。広大な園内には色々な花木が植えられ、冬は展望台から富士山の眺望を楽しめるなど、住民の憩いの場として愛されています。

グルメ環境

南平台町には、Amazonの創業者が海外からわざわざ自家用機で食べに来る懐石料理屋や、ミシュラン3つ星獲得の名店「神楽坂 石かわ」の主人、石川秀樹氏プロデュースの洋食屋など、特別な名店が隠れています。

京懐石料理 粋京

京懐石料理 粋京

引用元:粋京公式サイト
http://shibuya-ikkyou.com/

住所
渋谷区南平台町1-6 E-GAMIビル1F
区分
京懐石
特徴
ミシュラン調査員の申し出も断り、ただ目の前の客の為に料理を作る粋京の皿は、まさに京懐石の粋を集めた食の芸術です。またJCBブラックカード保有者だけのサービス「グルメ・ベネフィット」の対象店で、その実力は折り紙付きです。

レストラン ナンペイダイ

レストラン ナンペイダイ

引用元:「東京カレンダー」
https://tokyo-calendar.jp/article/11888

住所
渋谷区南平台町6-7
区分
洋食店
特徴
日本料理店の名店「神楽坂 石かわ」の主人が監修し、銀座「シノワ」の料理長を20年務めた高橋七洋シェフが厨房を仕切る、究極の洋食店です。原則、紹介制で公式サイトもありませんが、石かわで食事をした方であれば予約するチャンスもありそうです。

南平台町の交通面

鉄道

面白いことに、南平台町には東京急行電鉄株式会社(東急電鉄)の本社ビルがあるにも関わらず、南平台町のエリア内に鉄道駅はありません。もしも電車を使って南平台町から他地域へアクセスする場合は、玉川通りを挟んでエリア北側にある神泉町の神泉駅(京王電鉄井の頭線)か、エリア北東部にある渋谷駅まで足を伸ばすことになります。ただし、神泉駅の東側にはラブホテル街として知られる円山町があり、また神泉駅から渋谷駅にかけては若者層をターゲットにしたライブハウスやクラブも多い為、夜間に電車を利用する人で、特に一人歩きをする場合は注意が必要でしょう。

この他、代官山駅(東京急行電鉄東横線)や池尻大橋駅(東京急行電鉄田園都市線)も徒歩圏内です。

南平台町は神泉町や渋谷駅を見下ろす高台に位置しており、北部に広がる繁華街方面から南平台町を訪れるには、上り坂を進む必要があります。この標高差こそが、都会にありながら優れた眺望を叶えるだけでなく、無関係な若者などを遠ざけ、南平台町の落ち着いた雰囲気を守っている大きな理由と言えるでしょう。

しかし、このような起伏に富んだ道を日常的に利用しなければならないことは、南平台町の住民にとっても同様であり、必然的に南平台町では車やタクシーを使う人が多くなっています。

南平台町の道路は道幅が広く、北は玉川通り、西は旧山手通りと接しているなど、車で移動する人にとっては非常に便利な立地です。また、玉川通りに沿って首都高速3号渋谷線が延びており、エリアのすぐ北には渋谷出入口もある為、そのまま都内全域へ車で移動することも可能です。

南平台町の治安面

南平台町は政財界の要人や有名芸能人なども大勢暮らしており、さらにはマレーシア大使館やアラブ首長国連邦大使館など、国際的な重要施設も点在しています。その為、普段から警察によってパトロールが強化されているだけでなく、民間の警備会社による防犯対策・警戒態勢がエリア各所で常に住民を見守っている為、南平台町の治安はかなり良い方と言えるでしょう。

ただし、南平台町を離れて円山町や渋谷駅方面に坂を下っていくと、繁華街ならではの喧噪があり、トラブルの可能性も高まっていく為、注意することが肝要です。

南平台町の歴史

南平台町

元々は武家屋敷と田畑の広がる静かな土地

江戸の頃の南平台町は、江戸の外れにある高台エリアということで町家などが少なく、武家屋敷が点在するのどかな地域であったとされています。

戦災で焼き尽くされたモダンな洋館

明治半ば頃から、穏やかな環境と眺望の良さが話題となり、政財界の要人らが南平台町に豪奢な洋風建築の邸宅を構えるようになりました。しかし残念ながら、戦中の空襲で大半が失われています。

政財界の重鎮に愛される町

戦後、岸信介や三木武夫と言った歴代内閣総理大臣など、政財界の大物が南平台町に移り住み、その流れは今も続いています。尚、岸信介は南平台町会の初代町会長を務め、三木武夫邸は2012年まで記念館として公開されていました。

豪邸を建てる人のための日本の豪邸施工事例特集
取材協力HOP(株)
公式HPを見る
電話で問い合わせる