豪邸を建てるTOP » 日本の高級住宅地一覧 » 東京 » 代々木上原
豪邸を建てるTOP » 日本の高級住宅地一覧 » 東京 » 代々木上原

高級住宅地 代々木上原の魅力は

  • 関東大震災の被害から住民を守った堅牢な土地
  • 何代にもわたって地元の名士が住み続けるお屋敷街「大山」
  • ミシュランが認めた飲食店の密集する都内屈指の美食エリア
代々木上原

代々木上原の住環境

ショッピング環境

代々木上原は代々木上原駅を中心に、上原、元代々木町、西原、大山町の一部を含む地域の総称です。駅周辺には商業施設や商店街もあり、さらに新宿など都心へのアクセスも抜群で、優れたショッピング環境を誇ります。

アコルデ代々木上原

小田急電鉄 アコルデ代々木上原公式サイト

引用元:小田急電鉄 アコルデ代々木上原公式サイト
https://www.odakyu.jp/guide/shopping/45/

住所
渋谷区西原三丁目8-5(代々木上原駅 駅ビル)
区分
複合商業施設
特徴
スーパーやドラッグストアといった日用品の販売店に加え、多数の飲食店や有名フィットネス・ジムなど様々な専門店が夜遅くまで営業しており、多様な生活スタイルを支えています。

Sieben

TYPESEVEN公式サイト

引用元:TYPESEVEN公式サイト
http://www.type-seven.com/typeseven/concept.html

住所
渋谷区元代々木町10-6 type7Bldg.
区分
アンティーク家具販売・デザインオフィス
特徴
芸術性と創造性豊かなデザイン事務所TYPE SEVENが世界中から集めたアンティーク家具や特注品といった、空間を彩る力を持った上質なアイテムを販売しています。3階では内装設計などの相談も受け付けています。

教育環境

代々木上原には渋谷区最古の小学校や東京最古のイスラム教礼拝堂(モスク)など、歴史的に重要な施設に加え、周辺には東京大学の研究機関や東海大学もあり、日常的に国内最高級の頭脳と触れ合える環境が整っています。

区立上原小学校

渋谷区立上原小学校公式サイト

引用元:渋谷区立上原小学校公式サイト
https://www.fureai-cloud.jp/uehara-e/

住所
渋谷区上原3丁目13-20
区分
公立小学校
特徴
1920年に設立された歴史ある小学校であり、半径数百m圏内に東京大学生産技術研究所や東海大学代々木キャンパスもあるなど、公立の義務教育機関でありながら、世界に通用する人材育成の場に相応しい学校です。

東京ジャーミィ・トルコ文化センター

東京ジャーミィ・トルコ文化センター公式サイト

引用元:東京ジャーミィ・トルコ文化センター公式サイト
http://tokyocamii.org/ja/

住所
渋谷区大山町1-19
区分
教会
特徴
エルトゥールル号事件やトルコ航空の邦人救出などと並び、東京ジャーミィもまた日本とトルコの絆を物語る重要な場所です。東アジアで最も美しいモスクとも呼ばれる建物は、日本と世界の関わりを語る上で必見のものと言えるでしょう。

グルメ環境

代々木上原周辺には、過去の掲載も含めればミシュランガイドに認められた飲食店が数十件もあり、さらには唯一無二の料理を提供するシェフも数多くいるなど、国内で最高クラスのグルメスポットの1つになっています。

il Pregio

ilPregio(イルプレージョ)公式サイト

引用元:ilPregio(イルプレージョ)公式サイト
http://ilpregio.jp/

住所
渋谷区上原1-17-7フレニティハウス2F
区分
イタリアンレストラン
特徴
イタリア全土で修行を積み、30代半ばという若さでミシュランガイド東京(2014年・2015年版)の1つ星を獲得した天才、岩坪滋シェフが創り出す料理は、伝統的手法と斬新な感性を融合させた世界で一つの逸品です。

Fuglen Tokyo

Fuglen Coffee公式サイト

引用元:Fuglen Coffee公式サイト
http://fuglencoffee.com/

住所
渋谷区富ヶ谷1-16-11
区分
コーヒーショップ
特徴
代々木上原で暮らすなら絶対に訪れるべき店の1つがFuglen Tokyoです。辛口批評のNYタイムズ紙で「飛行機に乗ってでも飲みに行くべき、世界最高の味」と評された、ノルウェーのFuglen Coffeeの2号店であり、海外出店として初の店舗です。

代々木上原の交通面

鉄道

基本的に、雑多な界隈から隔絶されているが故に、自動車やタクシーでのアクセス以外は不便な場合も少なくない高級住宅街において、代々木上原エリアは群を抜いて良好な立地条件を備えています。実際、最寄り駅である代々木上原駅には小田急電鉄と東京メトロ千代田線の2線が乗り入れており、さらに足を伸ばせば幡ヶ谷駅(京王電鉄京王線)も利用することが可能です。そしてその結果、新宿までおよそ5分、渋谷には10分、原宿(明治神宮前)へは4分、下北沢ならたった1駅という圧倒的な住環境が整えられています。

渋谷区内で最も高台に位置する大山町などには、関東大震災後に移住してきた名士が代々暮らしており、まさに「お屋敷街」の呼び名に相応しい豪邸が並んでいます。また、一部地域では建物の高さも規制され、道路幅や区画割も統一されている為に、車やタクシーなどでの移動に関して配慮されつつも、古くから続く東京屈指の高級住宅街の景観と空気感を保たれていることが特徴です。

代々木上原の治安面

そもそも、江戸時代の頃は武家屋敷が点在する他には、茶や麦を栽培する田畑が広がる程度の農村であった代々木上原が、宅地として活用されるようになったのは明治に入ってからでした。しかし、それでも当時はまだまだ高級住宅街と呼べるほどの環境ではなく、代々木上原が本格的に「お屋敷街」への道を歩み始めたきっかけは、大正12年の関東大震災でした。

代々木上原の辺りは高台ということもあって震災の被害が少なく、宅地として安全だと考えた各界の名士が、やがて今で言う西原から大山町にかけて邸宅を構えるようになります。そうして代々木上原は、東京都民が憧れる高級住宅街へと変わっていきました。

そのような歴史もあってか、代々木上原では安心して暮らせる為の住環境が重要視されており、また実際に政財界の要人や有名人らが多く住んでいることも相まって、周辺の治安はかなり良い状態で守られています。

代々木上原の歴史

代々木上原

「代々木」の名前の由来は鎌倉時代にまで遡る

鎌倉初期(1212年)に代々木村の鎮守「代々木八幡宮」が、現在の西原と元代々木町の辺りに創建され、460年後の寛文11年(1671年)に、今の場所へと遷移されました。

故郷を追われたトルコ人にとっての新天地

ロシア革命によって国を捨てざるを得なかったトルコ人が、満州を経由して東京へと移住し、彼らの為に「東京回教学院(現:東京ジャーミィ)」が1938年に設立されました。

アメリカ軍将校にとってのステータスとなった豪邸

第2次大戦中の空襲被害が少なかった代々木上原では、瀟洒な邸宅が戦後も残っており、アメリカ駐留軍の将校らがこぞってそれらを接収し、自らの住居として利用しました。

」豪邸を建てる人のための日本の豪邸施工事例特集
取材協力HOP(株)
公式HPを見る
電話で問い合わせる