豪邸を建てるTOP » 日本のおすすめ別荘地 » 北海道 » 別荘地としての美瑛
豪邸を建てるTOP » 日本のおすすめ別荘地 » 北海道 » 別荘地としての美瑛

「日本で最も美しい」
絶景の中に別荘を持つ

北海道の「へそ」と呼ばれる富良野と、大都市・旭川の中間地点に開拓された丘の町が美瑛になります。大雪山国立公園に含まれる名峰・十勝岳のすそ野の広がる緩やかな丘が広がっており、展望の美しい土地に別宅を構えられる別荘地になっています。日本で最も美しい村連合に加盟する美瑛に別荘を持つ意味について、今回は考えたいと思います。

北海道の「へそ」と呼ばれる富良野と、大都市・旭川の中間地点に開拓された丘の町が美瑛になります。大雪山国立公園に含まれる名峰・十勝岳のすそ野の広がる緩やかな丘が広がっており、展望の美しい土地に別宅を構えられる別荘地になっています。日本で最も美しい村連合に加盟する美瑛に別荘を持つ意味について、今回は考えたいと思います。

美瑛の別荘地としての魅力

四季の移ろいが明確で季節の変化を別宅で楽しめる

四季折々の美しい景色を楽しませてくれる

東京23区と同程度の広さを持つ美瑛町は、内陸性気候で寒暖差が激しいという特徴があり、春夏秋冬の移ろいを明確に楽しめる気候的風土を持ちます。
5月には遅い桜が咲き、夏にはジャガイモの花が丘一面に広がります。秋は燃えるような黄葉と紅葉で周囲が色づき、冬は一面の雪景色に変化して、ダイヤモンドダストを眺められる厳しい季節が始まります。

季節ごとの楽しみ方がある

四季が明確だからこそ、季節の変化を生かして、冬にはウィンタースポーツを楽しめますし、夏には収穫体験やサイクリングなどのサマースポーツを満喫できるようになっています。美瑛・白金温泉を拠点としたネイチャーウォークも人気を博しています。
美瑛の魅力の1つの丘陵風景は、

  • 春から夏にかけての一面の花畑
  • 秋には黄金色に輝く小麦畑
  • 冬には白一色の雪景色

といった四季に応じた色とりどりの風景を楽しませてくれます。

避暑地に別荘を構えられる

気候変動が叫ばれるようになり、都市部では夏の暑さが耐えがたい状況になりつつあります。北海道の美瑛に別荘を構えるメリットの1つとしては、都市部の酷暑から逃れられるというメリットが間違いなく挙げられます。
美瑛は内陸性気候で四季の変化がはっきりとしており、まれに真夏は30℃を超えるケースもありますが、朝夕は涼しい風が吹き、カーディガンがなければ肌寒く感じるほどの冷涼さがあります。
美瑛町の発表によると、7月・8月と真夏の最高気温は過去10年間で平均25.5℃、最低気温は14.7℃とされています。長袖のシャツが必要なくらいの涼しさが真夏でもありますから、長期休暇などに移動して、別宅で酷暑をやり過ごすという楽しみ方も可能になります。

美瑛周辺の観光スポット

青い池

美瑛町の代表的な観光スポットである青い池。その名の通り池の水が鮮やかな青色に染まっており、その景色は自然にできたものとは思えないほど神秘的です。池一面が青く染まる理由は、十勝岳から流れるアルミニウムを含んだ水が、美瑛川の水と混ざることで、コロイド状と呼ばれる目には見えない粒子が生成されるため。その粒子が太陽の光を散乱させ、そこから放たれる波長の短い光が人の目には青く映るという仕組みです。実際の水に色が付いているわけではなく、目の錯覚から生まれるなんとも奇跡的な現象。その景色を一目見ようと、今や国内外から多くの観光客が訪れるほど人気を集めるスポットです。

白ひげの滝

十勝岳連峰から流れる地下水が、高さ30mの崖から滝つぼに向かって勢いよく流れ落ちるその様から、白ひげの滝と名が付けられた名スポット。白金温泉街のすぐそばにあるため、青い池とともに訪れるのが定番の観光コースです。迫力もさることながら、滝つぼから湧き出るマイナスイオンのリラックス効果にも注目しておきたいところ。きっとあなたの心を癒してくれるはずです。

セブンスターの木

辺り一面が田園に囲まれている広大な土地に、カシワの木がポツンと一本たたずむ風景が魅力的なスポット。そのあまりの景色の良さから、タバコのセブンスターのパッケージに採用され、一躍有名に。それ以降、セブンスターの木と名付けられ、話題を聞きつけた観光客が続々と足を運ぶようになりました。駐車場も完備された道路沿いにあるため、気軽に訪れることのできる美瑛ならではの撮影スポットとして人気を集めています。

白金温泉

十勝岳のふもとにある温泉地で、疲労回復効果バツグンの源泉かけ流し温泉が楽しめる人気のスポットです。神経痛や筋肉痛に対する効能があることから、「杖忘れの湯」とも言われています。湧き出た直後は無色透明の湯ですが、鉄分を多く含むため空気に触れると酸化され、若干の濁りを見せるのが特徴です。白金温泉の周辺には、青い池や白ひげの滝など名物スポットが多数存在するので、訪れる際はそちらにも足を運んでみるとよいでしょう。

美瑛町の基準地価一覧

基準値住所 H30年:基準地1㎡当たりの単価(円) 前年比(円)
上川郡美瑛町本町3丁目101番53 11,200 -100
上川郡美瑛町旭町4丁目6番8 8,500 -100
上川郡美瑛町 大町1丁目492番92 11,000 ±0
基準値住所 基準地1㎡当たりの単価(円) 前年比(円)
上川郡美瑛町本町3丁目101番53 11,200 -100
上川郡美瑛町旭町4丁目6番8 8,500 -100
上川郡美瑛町 大町1丁目492番92 11,000 ±0

参照元:北海道地価調査・地価公示|総合政策部政策局土地水対策課(http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/stt/chika.htm)

作物の実りが豊かでグルメが充実している

美瑛は美しい丘の町として知られていますが、もともとは未開の原野。その土地を明治、大正、昭和と先人が耕して、今の美しい丘陵地帯を作り上げました。
美瑛町によれば、農地の多くで小麦を作り、てんさい、ジャガイモ、大豆、スイートコーン、アスパラガスなどを栽培して、出荷を行っています。乳牛、肉牛の飼育もされており、町は食材の宝庫。
町の中心部、郊外には腕利きの料理人が運営するレストランやカフェ、飲食店が点在し、滞在中の飲食にも事欠きません。
地元や北海道産の食材で作る料理の数々を滞在先で満喫できるという点も、美瑛に別宅を構えるメリットの1つに挙げられます。

札幌市内から美瑛町までのアクセス情報

札幌市から美瑛町までの距離はおよそ160キロ。車で移動した場合にかかる時間は約2時間半です。最速は、道央自動車道を利用するルート。南7条米里通から 3丁目の道央自動車道に入り、高速旭川鷹栖ICまで進みます。その後、道道90号線と国道237号線を経由すれば美瑛町へとたどり着きます。

車の他にも、鉄道・バスを利用するルートもあります。夏場は平均気温が20℃前後と涼しいため大きな問題はありませんが、冬場は道路も雪で覆われるため、運転に慣れない人が車で向かうのは大変危険です。そのため冬場に訪れる際は、安全も考慮したうえで鉄道を利用するのが最適だと言えるでしょう。

取材協力

ハウジングオペレーション
アーキテクツ株式会社

ハウジングオペレーションアーキテクツ
ハウジングオペレーションアーキテクツ
取材協力HOP(株)
公式HPを見る
電話で問い合わせる