豪邸を建てるTOP » 日本のおすすめ別荘地 » 北海道 » 別荘地としての帯広
豪邸を建てるTOP » 日本のおすすめ別荘地 » 北海道 » 別荘地としての帯広
 

自然と食を堪能する
別荘地・帯広

青い空に地平線まで広がる農園の緑…。北海道らしい広大な平野が広がる帯広は、大自然・グルメの宝庫です。身も心もリフレッシュさせてくれる景色が広がる帯広の、別荘地としての魅力をご紹介します。

青い空に地平線まで広がる農園の緑…。北海道らしい広大な平野が広がる帯広は、大自然・グルメの宝庫です。身も心もリフレッシュさせてくれる景色が広がる帯広の、別荘地としての魅力をご紹介します。

帯広の別荘地としての魅力

新世紀を拓く田園都市

広大な十勝平野緒自然に包まれているとともに、北のグルメと開拓の歴史を感じられる帯広。石狩平野に次ぐ広大な面積となる平野では、開拓時代から農耕が盛んであったことから、現在でも北海道唯一の畑作地帯として知られています。青空の下果てしなく広がる農園は、まさに北海道ならではの雰囲気だと言えるでしょう。また、観光用に一般開放している農園・牧場も多く存在し、気軽に大自然に触れられると言うのも大きな魅力です。

移住者を積極的に受け入れている

帯広市では移住者に対するセミナーやサポートを積極的に行っているほか、住民の人柄も温かいため、非常に住みやすい地域でもあります。これにより、「定年後はのんびり暮らしたい」「人のぬくもりが感じられる場所で子供を育てたい」など、幅広い年齢層の方が帯広へ移り住むようになりました。また、地場産の農産物やスイーツなどにも恵まれているため、食にこだわりたい方にも人気の地となっています。

帯広市の基準地価一覧

基準値住所 H31年:基準地1m2当たりの単価(円) 前年比(円)
東3条南7丁目6番2外 27,800 +300
東5条南10丁目5番2 31,000 ±0
東11条南8丁目1番26 23,400 +400
東3条南21丁目12番2 22,300 +500
西21条南3丁目32番9 31,300 +800
西3条南21丁目11番2 29,300 +300
西4条南27丁目1番5外 25,600 +300
大空町1丁目6番13 11,800 +200
西13条南32丁目2番15 23,000 +500
西9条南39丁目33番5 23,600 +300
西20条南5丁目34番5 22,300 +500
西17条南5丁目11番4 24,000 +500
東13条南4丁目1番67 18,000 ±0
西5条南1丁目2番1 27,000 ±0
西11条南2丁目12番11外 26,200 ±0
西16条南1丁目26番15外 23,300 +200
西17条北1丁目20番96 23,100 +300
西20条南4丁目16番14 26,200 +600
西19条南2丁目51番19 27,000 +400
西18条南3丁目47番10 26,600 +300
西17条南3丁目25番2 29,100 +400
白樺16条西8丁目18番 27,900 +300
西22条南2丁目1番42 22,100 −700
西24条南2丁目3番41 20,000 +400
西10条北2丁目6番8 26,000 +200
西14条北4丁目2番15 23,800 +200
東6条南15丁目2番19 25,100 +100
西16条南6丁目6番97 21,000 ±0
愛国町基線41番107 9,300 ±0
西2条南9丁目16番1外 104,000 −1,000
西3条南7丁目12番外 52,000 −300
大通南17丁目6番1 39,300 ±0
西5条南5丁目4番6 39,600 ±0
東3条南6丁目1番3外 34,500 ±0
西5条南19丁目9番1外 45,700 ±0
大通南10丁目14番1 55,400 −200
西5条南12丁目17番2 52,600 ±0
西10条北1丁目14番外 36,700 ±0
東4条南3丁目7番17 30,000 ±0
西20条北1丁目16番3 10,000 −100
基準値住所 H31年:基準地1m2当たりの単価(円) 前年比(円)
東3条南7丁目6番2外 27,800 +300
東5条南10丁目5番2 31,000 ±0
東11条南8丁目1番26 23,400 +400
東3条南21丁目12番2 22,300 +500
西21条南3丁目32番9 31,300 +800
西3条南21丁目11番2 29,300 +300
西4条南27丁目1番5外 25,600 +300
大空町1丁目6番13 11,800 +200
西13条南32丁目2番15 23,000 +500
西9条南39丁目33番5 23,600 +300
西20条南5丁目34番5 22,300 +500
西17条南5丁目11番4 24,000 +500
東13条南4丁目1番67 18,000 ±0
西5条南1丁目2番1 27,000 ±0
西11条南2丁目12番11外 26,200 ±0
西16条南1丁目26番15外 23,300 +200
西17条北1丁目20番96 23,100 +300
西20条南4丁目16番14 26,200 +600
西19条南2丁目51番19 27,000 +400
西18条南3丁目47番10 26,600 +300
西17条南3丁目25番2 29,100 +400
白樺16条西8丁目18番 27,900 +300
西22条南2丁目1番42 22,100 −700
西24条南2丁目3番41 20,000 +400
西10条北2丁目6番8 26,000 +200
西14条北4丁目2番15 23,800 +200
東6条南15丁目2番19 25,100 +100
西16条南6丁目6番97 21,000 ±0
愛国町基線41番107 9,300 ±0
西2条南9丁目16番1外 104,000 −1,000
西3条南7丁目12番外 52,000 −300
大通南17丁目6番1 39,300 ±0
西5条南5丁目4番6 39,600 ±0
東3条南6丁目1番3外 34,500 ±0
西5条南19丁目9番1外 45,700 ±0
大通南10丁目14番1 55,400 −200
西5条南12丁目17番2 52,600 ±0
西10条北1丁目14番外 36,700 ±0
東4条南3丁目7番17 30,000 ±0
西20条北1丁目16番3 10,000 −100

参照元:総合政策部政策局土地水対策課(http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/stt/chika.htm)

帯広周辺の観光スポット

【大津海岸】
大津海岸

近年、美しい氷のジュエリーアイスが話題となっている大津海岸。この自然のたまものを一目見ようと地方から多くの人が訪れています。ジュエリーアイスとは、1月~2月にかけての特に冷え込む厳冬の時期に姿を現す氷のこと。十勝川河口が凍結し、その氷が割れて大津海岸に漂着するのですが、太陽の光を浴びた氷はまるでジュエリーのように光輝いており、住民のみならず多くの観光客を魅了しています。

【帯広競馬場】
帯広競馬場

画像引用元:【ばんえい十勝】フリー画像素材-3 | 帯広市ホームページ 十勝(https://www.city.obihiro.hokkaido.jp/nouseibu/baneishinkoushitsu/free-materials03.html)

帯広競馬場は世界で唯一ばんえい競馬を開催している競馬場で、「ばんえい十勝」という名称でも知られています。通年を通して開催されていますので、夏はナイター、冬は体から湯気をたてて走る馬の姿などを見ることができ、初心者から昔からのファンまで楽しめるでしょう。ばん馬の特徴は、非常に大きいこと。一般的な競走馬は400~500kgなのに対し、ばん馬は800~1tほどもあります。帯広でしか見られない迫力のある馬の姿、そして北海道開拓民が残した文化を感じられる、馬好きの方にとってたまらないスポットです。

【池田ワイン城】
池田ワイン城

画像引用元:池田町ブドウ・ブドウ酒研究所(https://www.tokachi-wine.com/kanko/castle/)

北海道池田町を代表するワインの観光施設で、施設内にはブドウ畑やワイナリー、ワインの試飲コーナーがあります。もともと池田町はブドウの栽培地としても知られており、冬の気温が低い時期を含め、通年を通して町一丸となって山ぶどうを栽培しているのです。

また、北国特有の酸味の強いぶどうを利用したスパークリングワイン、ブランデーなども製造しており、池田町では年間およそ20Lものワインが消費されています。

札幌市内から帯広市までのアクセス情報

帯広は札幌から直線距離にして150kmほどの場所に位置しています。しかし途中には日高山脈があり、移動の際は山を越える必要が。車でアクセスする場合は、一般道で4時間ほどかかります。国道12号線から国道274号腺を走りますが、その途中はトンネルの多い日高山脈を越えるルートです。国道38号線に抜けると、帯広に到着します。

有料道路を使う場合は、札幌北ICから音更帯広ICまで3時間ほど。高速料金は、普通車で4,770円です。

JRを利用した場合は、札幌駅から帯広駅まで乗り換えなしの特急でアクセス可能。3時間程度で、料金は7,220円です。

取材協力

ハウジングオペレーション
アーキテクツ株式会社

ハウジングオペレーションアーキテクツ
ハウジングオペレーションアーキテクツ
取材協力HOP(株)
公式HPを見る
電話で問い合わせる