豪邸を建てるTOP » 日本のおすすめ別荘地 » 軽井沢
豪邸を建てるTOP » 日本のおすすめ別荘地 » 軽井沢

日本有数の別荘地
軽井沢

伝統の別荘地に別邸を構えたいと思ったら、真っ先に思い浮かぶ土地が長野県の軽井沢。標高950mから1,200mの高原にある避暑地で、明治以降には訪日外国人が別宅を構えるようになりました。大正時代には日本で第一等の別荘地として評価を確立し、現在も日本を代表する避暑地として財界人や文化人にも愛されています。

伝統の別荘地に別邸を構えたいと思ったら、真っ先に思い浮かぶ土地が長野県の軽井沢。標高950mから1,200mの高原にある避暑地で、明治以降には訪日外国人が別宅を構えるようになりました。大正時代には日本で第一等の別荘地として評価を確立し、現在も日本を代表する避暑地として財界人や文化人にも愛されています。

軽井沢の別荘地としての魅力

歴史が醸し出すステイタス

宣教師の「発見」から始まった軽井沢の歴史

元々は中山道の宿場町として栄えてきた軽井沢。明治以降は時代の変化とともに一時期、そのにぎわいを失いかけました。しかし、明治19年にカナダ人宣教師が同地を訪れ、その美しい風土と気候を「発見」します。以後、キリスト教の宣教師とその家族たちが別荘を持ち始め、有産階級の日本人たちも別宅を構えて、同地の基礎が完成します。

キリスト教的な高潔さが町の根底に流れている

軽井沢の発展とともに訪問者が増えると、旅行者を受け入れる貸別荘やホテルが充実を見せ始めました。大手資本の参入も相次ぎます。
現在に至るまでゴルフ場、テニスコート、大型宿泊施設、乗馬施設、商業施設などが次々と誕生していますが、一方で「軽井沢」は宣教師たちが作り上げた町です。キリスト教的な清潔で善良な精神が根底に流れており、軽井沢の風俗を高潔に保とうとする誇りとプライドが住民にも確かに受け継がれています。

120年近くの歴史が作り上げてきた風格と品格がある

全国には大手資本によって開発された避暑地がたくさんありますが、軽井沢には100年以上の時間を掛けて、自然発生的に開拓されてきた避暑地としての品格、風格が感じられます。そうした独特の雰囲気が、軽井沢のステイタスの源となっています。

涼しい気候

避暑地の豊かな緑と濃霧が涼感を高める

軽井沢は浅間山の南麓にあり、標高950mから1,200mの緩やかな斜面に広がっています。高燥な高原に位置するため夏でも冷涼な気候が魅力的で、真夏の8月でも平均気温は20.5℃です。
別荘地にはモミ、コブシ、ミズナラ、コナラなど豊かな植生が目立ち、木陰も多く、そのすがすがしい涼感は特筆に値します。7月、8月の真夏には月間で20日近く濃霧が発生するため、体感温度はさらに下がります。

軽井沢の涼感は土壌にも秘密がある

軽井沢の涼感は、浅間山の南麓に位置する軽井沢の土壌にも理由があります。浅間山と離山の噴火によって堆積(たいせき)した土壌には、火山灰土や軽石が多く、水はけがいいという特徴があります。雨が降っても地表に残らず、地下に浸透してしまうため、湿気が少なく空気が乾燥してカラッとした涼しさが感じられるといった特長もあります。

月平均気温
(℃)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
軽井沢 -3.6 -2.5 0.1 7.3 13.5 15.0 21.3 20.4 15.6 10.1 3.9 -1.8
東京 5.8 6.9 8.5 14.7 20.0 22.0 27.3 26.4 22.8 16.8 11.9 6.6
月平均気温
(℃)
軽井沢東京
1月-3.65.8
2月-2.56.9
3月0.18.5
4月7.314.7
5月13.520.0
6月15.022.0
7月21.327.3
8月20.426.4
9月15.622.8
10月10.116.8
11月3.911.9
12月-1.86.6

(※1)(※2)

(※1)参照元:気象庁|過去の気象データ検索 軽井沢 2017年(月ごとの値)
(※2)参照元:気象庁|過去の気象データ検索 東京 2017年(月ごとの値)

軽井沢一帯の基準地価一覧

基準値住所 H30年:基準地1㎡当たりの単価(円) 前年比(円)
軽井沢町大字軽井沢字上御原308番11外1筆 92,500 +2,000
大字長倉字新田3631番3 40,000 +500
大字長倉字小谷ヶ沢2139番1559 20,700 +300
軽井沢東39番18 66,000 +700
大字追分字児玉堰西67番49 14,600 +300
大字軽井沢字長倉往還南原1052番142 52,700 +1,700
大字軽井沢字屋敷東側下786番2 287,000 ±0
中軽井沢11番17 55,000 -500
大字軽井沢字東野沢原1151番14 134,000 ±0
御代田町大字御代田字大林4108番1226 18,300 ±0
大字御代田字休ケ原2714番38 20,300 +200
大字御代田字一里塚2484番3 21,500 ±0
大字御代田字一ノ沢4106番49外1筆 13,800 ±0
立科町大字芦田字下宮地裏1668番24 11,100 -200
大字芦田字上町屋敷2687番1 13,000 -300
大字芦田字西赤羽根1868番6外3筆 16,000 -300
軽井沢町大字軽井沢字上御原308番11外1筆 92,500 +2,000
大字長倉字新田3631番3 40,000 +500
大字長倉字小谷ヶ沢2139番1559 20,700 +300
軽井沢東39番18 66,000 +700
大字追分字児玉堰西67番49 14,600 +300
大字軽井沢字長倉往還南原1052番142 52,700 +1,700
大字軽井沢字屋敷東側下786番2 287,000 ±0
中軽井沢11番17 55,000 -500
大字軽井沢字東野沢原1151番14 134,000 ±0
御代田町大字御代田字大林4108番1226 18,300 ±0
大字御代田字休ケ原2714番38 20,300 +200
大字御代田字一里塚2484番3 21,500 ±0
大字御代田字一ノ沢4106番49外1筆 13,800 ±0
立科町大字芦田字下宮地裏1668番24 11,100 -200
大字芦田字上町屋敷2687番1 13,000 -300
大字芦田字西赤羽根1868番6外3筆 16,000 -300

参照元:平成30年地価調査の概要/長野県(https://www.pref.nagano.lg.jp/shinko/infra/tochi/chika/seido/h30.html)

リゾートとしての環境が整っている

明治期に宣教師が別荘を建て始め、大正、昭和と発展していく過程で、軽井沢はリゾート地としての環境が整備されてきました。
テニスコート、スケートリンク、ゴルフ場、ホテル、飲食店、店舗、文化施設が次々と誕生し、今ではJR軽井沢駅を中心として、大変なにぎわいを見せています。
駅の南には軽井沢プリンスショッピングプラザがあり、さらにその南側には軽井沢プリンスホテルなどの宿泊施設やゴルフ場が大規模に開発されています。
北側には旧軽銀座通りがあり、中軽井沢の方へ行けば、教会、美術館、軽井沢野鳥の森、温泉施設が点在します。滞在者向けのスーパーマーケットなども別荘地の周辺に充実しているため、買い物にも困りません。

軽井沢の別荘例

  • 軽井沢の別荘_1
  • 軽井沢の別荘_2
  • 軽井沢の別荘_3
  • 軽井沢の別荘_4
  • 軽井沢の別荘_5
  • 軽井沢の別荘_6
  • 軽井沢の別荘_7
  • 軽井沢の別荘_8
  • 軽井沢の別荘_9

軽井沢でおすすめの別荘地一覧

取材協力

ハウジングオペレーション
アーキテクツ株式会社

ハウジングオペレーションアーキテクツ
ハウジングオペレーションアーキテクツ
取材協力HOP(株)
公式HPを見る
電話で問い合わせる