豪邸を建てるTOP » 日本のおすすめ別荘地 » 軽井沢 » 別荘地としての新軽井沢
豪邸を建てるTOP » 日本のおすすめ別荘地 » 軽井沢 » 別荘地としての新軽井沢

発展が進む
新軽井沢

軽井沢の顔とも呼ばれる新軽井沢エリアは、軽井沢駅を中心とし、主に駅から旧軽井沢方面へと続く軽井沢本通りの東側に広がるエリアです。比較的新しいエリアであり、周辺には銀行やスーパーマーケット、大型ショッピングモールにホテルといった生活に満ちた環境が整っています。2015年3月には北陸新幹線が開業し、それに伴い北陸地方からの観光客も年々増加。ここでは、そんな別荘・観光地として注目を集める新軽井沢エリアの魅力についてご紹介します。

軽井沢の顔とも呼ばれる新軽井沢エリアは、軽井沢駅を中心とし、主に駅から旧軽井沢方面へと続く軽井沢本通りの東側に広がるエリアです。比較的新しいエリアであり、周辺には銀行やスーパーマーケット、大型ショッピングモールにホテルといった生活に満ちた環境が整っています。2015年3月には北陸新幹線が開業し、それに伴い北陸地方からの観光客も年々増加。ここでは、そんな別荘・観光地として注目を集める新軽井沢エリアの魅力についてご紹介します。

新軽井沢の別荘地としての魅力

新軽井沢のおすすめ別荘地エリア情報

矢ケ崎山

軽井沢駅から徒歩圏内と、アクセスにも便利な新軽井沢きっての人気別荘地エリアです。すぐ側には、大型ショッピングモール「プリンスショッピングプラザ」や「大賀ホール」といった観光スポットがあり、ショッピングやコンサートなどを身近に楽しむことができます。矢ケ崎川より東側は多少道路が入り組んでいますが、さらに奥へ進めば豊かな自然が残ったエリアが存在します。

扇平

高速道路からもアクセスしやすく、周辺にはゴルフ場やスキー場、サイクリングロードなどが点在しています。一番の魅力は、国道18号線から適度に距離があるため、利便性に優れたエリアでありながらも、自然ならではの穏やかな雰囲気が保たれているということ。アクセス環境と自然環境が両立されているため、近年では特に人気の高いエリアとなっています。

新軽井沢の基準地価一覧

基準値住所 H30年:基準地1㎡当たりの単価(円) 前年比(円)
軽井沢東39番18 66,000 +700
大字軽井沢字東野沢原1151番14 134,000 ±0
軽井沢東39番18 66,000 +700
大字軽井沢字東野沢原1151番14 134,000 ±0

参照元:平成30年地価調査の概要/長野県(https://www.pref.nagano.lg.jp/shinko/infra/tochi/chika/seido/h30.html)

新軽井沢周辺の観光スポット

【雲場池】
雲場池

軽井沢を代表する景勝地として有名な、雲場池。御膳水から湧き出る水を水源とするこの池には、カラマツやモミジの木々が生い茂り、カルガモといった癒し溢れる生き物たちが生息しています。

そんなのどかな景色と雰囲気が楽しめる雲場池は、1周20分ほどで散策できるため、軽井沢の街並みをのんびり散歩してみたいという方にはもってこいのスポットです。

【プリンスショッピングプラザ】
プリンスショッピングプラザ

画像引用元:軽井沢・プリンスショッピングプラザ | 長野県 | おでかけ情報 | Honda Dog | Honda(https://www.honda.co.jp/dog/travel/data/shopping/)

新軽井沢のなかで最も定番と言える観光地、プリンスショッピングプラザ。軽井沢駅から徒歩5分の場所に位置し、敷地面積約27万m²の広大な土地に200以上もの店舗が軒を連ねる軽井沢屈指の大型ショッピングモールです。有名ブランドのアウトレット商品や軽井沢ならではのお土産品など、様々なショッピングが楽しめるのはもちろん、その広大な土地から成るロケーションの良さを楽しめるのもプリンスショッピングプラザの魅力の一つ。

もともとゴルフ場だった敷地をそのまま活用しているため、敷地内には芝生の広場や池などが設置されており、さらに敷地の外を見渡せば離山や浅間山といった軽井沢を代表する山々も一望できます。豊かな自然とショッピングが同時に楽しめるとして人気のスポットなので、軽井沢を訪れた際はぜひ立ち寄ってみてください。

【軽井沢大賀ホール】
軽井沢大賀ホール

画像引用元:軽井沢大賀ホールトップページ(http://ohgahall.or.jp/index.php)

ソニー株式会社名誉会長である大賀典雄氏の寄贈によって、2005年に建設された軽井沢初のコンサートホールです。約16億円もの建設費をかけて建てられたコンサートホールは、立体的でありながらどの席にいても音が均一に届くよう五角形型に設計されており、その音響設備は世界最高水準とも言われています。

主にクラシックやオペラなどのコンサートが開催されているため、興味のある方は一度足を運んでみるとよいでしょう。軽井沢の土地で、優雅な音楽と共にゆったりとした時間を過ごしたい方におすすめのスポットです。

東京から新軽井沢までのアクセス情報

東京・新宿から新軽井沢までは車で約2時間半。距離にしておよそ150kmです。関越自動車道と上信越自動車道を経由し、安中市松井田町西野牧まで進み、県道43号線に乗り換えれば到着です。

車以外の交通手段としては、新幹線、電車、バスがありますが、最速で目的地を目指すなら新幹線の利用が一番です。東京駅から最短66分で軽井沢駅まで行き、そこから10分ほど歩けば新軽井沢まで辿りつけます。交通費を抑えたい場合は、片道2,100円~の高速バスを利用するのがおすすめ。軽井沢までは3時間ほどで到着します。都内からは池袋・新宿・渋谷の3駅から乗車可能です。

取材協力

ハウジングオペレーション
アーキテクツ株式会社

ハウジングオペレーションアーキテクツ
ハウジングオペレーションアーキテクツ
取材協力HOP(株)
公式HPを見る
電話で問い合わせる