豪邸を建てるTOP » 日本のおすすめ別荘地 » 別荘地としての九十九里
豪邸を建てるTOP » 日本のおすすめ別荘地 » 別荘地としての九十九里

東京へのアクセスがよくリゾート気分を存分に味わえる
九十九里

全国の別荘地の中で有名なほうではないものの、都内へのアクセスがよく美しい海に囲まれている九十九里は、別荘地として人気のあるエリアです。 それこそ、九十九里は都内まで電車で1時間半ほどの距離なので、移住して通勤している人もいるほど。 平日は都内でバリバリ働き、週末は九十九里でのんびり波乗りしながら過ごす、というオンとオフを分けられる生活ができるのもポイントです。 関東の人気別荘地として知られる湘南エリアはちょっと高くて手が出ない、という人にもおすすめできます。 九十九里の魅力はなんといってもやはり「海」。 九十九里を含む房総エリアは、透明度の高い開放感のある海がとてもきれいですし、豊富な海鮮をお腹いっぱい堪能することができます。 自然に恵まれ、のんびりと田舎暮らしを堪能するのに持ってこいの九十九里なら、大人も子どもも満足度の高い、充実した時間を過ごすことができるでしょう。

神奈川県真鶴町は、相模湾の真鶴半島に浮かぶ小さな町です。 神奈川県の南西部にあるので、静岡県にも近い関東の端っこにある町になります。 真鶴は海がすぐ近くにあるので、漁業が盛んな町としても知られています。 また、みかん栽培も有名で、おいしい食べ物がたくさんあるのが魅力です。 海が近いことから年間と通じて暖かい気候で、とても住みやすいため、真鶴に移住して東京の職場まで新幹線で通うという人もいるのだとか。 海の近くでのんびりと過ごしたい人には、とても魅力的なエリアだと思います。

九十九里の別荘地としての魅力

九十九里浜

九十九里のシンボルともいえる海岸「九十九里浜」は、海水浴シーズンになるとたくさんの利用客が訪れます。 千葉の海は開放感があり、広々としているのが湘南とは違った魅力ですが、よい波が出現することからサーファーにも人気のある海岸です。 都内からのアクセスもよく、湘南の海と比較すると人が少ないので、ゆっくり海水浴やマリンスポーツを楽しみたい人におすすめです。

九十九里周辺の基準地価一覧

基準値住所 H30年:基準地1㎡当たりの単価(円) 前年比(円)
山武郡九十九里町作田字仲川岸5244番 7,900 -100
山武郡九十九里町真亀字北濱芝4674番外 9,200 -200
山武郡九十九里町片貝字下モ谷3117番1外 8,100 -100
山武郡九十九里町片貝字北濱6928番325 9,700 -200
山武郡九十九里町小関字浜芝2329番11 10,500 -100
基準値住所 H30年:基準地1㎡当たりの単価(円) 前年比(円)
山武郡九十九里町作田字仲川岸5244番 7,900 -100
山武郡九十九里町真亀字北濱芝4674番外 9,200 -200
山武郡九十九里町片貝字下モ谷3117番1外 8,100 -100
山武郡九十九里町片貝字北濱6928番325 9,700 -200
山武郡九十九里町小関字浜芝2329番11 10,500 -100

参照元:平成30年地価調査/千葉県(https://www.pref.chiba.lg.jp/youchi/toukeidata/chika/h30tyousa.html)

九十九里周辺の観光スポット

【海の駅九十九里】
海の駅九十九里

九十九里界隈の海鮮を手頃な価格で購入できる「海の駅九十九里」は、2015年にオープンしたばかりの新しい海の駅です。 九十九里に面しているのできれいな海を一望できるほか、津波避難タワーも併設されています。

お土産の購入に利用する人も多いですが、地元の人が食材を購入する目的でも利用されていて、オープン当初から多くの人で賑わっています。 年中無休で営業しているのもうれしいですね。

【ウオッセ21水産物即売センター】
ウオッセ21水産物即売センター

画像引用元:ウオッセ21&銚子ポートタワー公式ホームページ(http://www.wosse21.net/)

銚子で水揚げされた新鮮な海鮮を思い切り楽しめる「ウオッセ21水産物即売センター」。 魚を購入することができるのはもちろん、「シーフードレストランうおっせ」では、海鮮丼などのメニューをいただくこともできます。

海水浴シーズンでなくても、冬の海鮮を楽しむことができますので、四季を問わず多くのお客さんで賑わっています。 九十九里を訪れたら、必ず立ち寄りたいおすすめのスポットです。 正月料理用の食材を購入するために、真冬に訪れる人も多いようですよ。

【犬吠崎灯台】
犬吠崎灯台

画像引用元:銚子海上保安部公式サイト(https://www.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/choshi/inubo/gallery/02_landscape/02_landscape.html)

房総の海を一望できる「犬吠埼灯台」は、九十九里エリア屈指の観光スポット。 99段の階段で構成されていて、これは設計したブラントン氏が九十九里にちなんで作ったのだとか。

眺めは本当に素晴らしく、訪れた人はその美しい景色に思わず息を呑んだという人も少なくありません。 四季を問わず訪れることができ、地球は丸いということを体感できる灯台です。

」豪邸を建てる人のための日本の豪邸施工事例特集
取材協力HOP(株)
公式HPを見る
電話で問い合わせる