豪邸を建てるTOP » 日本のおすすめ別荘地 » 別荘地としての三浦半島
豪邸を建てるTOP » 日本のおすすめ別荘地 » 別荘地としての三浦半島

日本有数の別荘地
三浦半島

神奈川県の南東部に位置する三浦半島は、著名人の別荘が高台を中心に並ぶ、日本でも有数の別荘地です。マリンスポーツなどで人気の「油壷」を見下ろせる高台には、デザイナーズ物件など高級感のある住宅が並び、海を身近に感じられる別荘地として近年注目を集めています。人の往来が多すぎず、静かな入り江での海遊びが楽しめるため、穴場スポットとして別荘地に選ぶ人も少なくありません。三浦半島はシーサイドリゾートとして有名な「葉山」「油壷」を抱え、セカンドハウスとしての別荘を構えるにも最適な場所として知られています。

神奈川県の南東部に位置する三浦半島は、著名人の別荘が高台を中心に並ぶ、日本でも有数の別荘地です。マリンスポーツなどで人気の「油壷」を見下ろせる高台には、デザイナーズ物件など高級感のある住宅が並び、海を身近に感じられる別荘地として近年注目を集めています。人の往来が多すぎず、静かな入り江での海遊びが楽しめるため、穴場スポットとして別荘地に選ぶ人も少なくありません。三浦半島はシーサイドリゾートとして有名な「葉山」「油壷」を抱え、セカンドハウスとしての別荘を構えるにも最適な場所として知られています。

三浦半島の別荘地としての魅力

油壷をはじめとする人気のリゾート地

ヨットクルーズや海遊びに最適

別荘地としては油壷エリアが古くから知られていますが、葉山エリアにも喧騒を離れた別荘地としての魅力があります。油壷、葉山は日本の高級シーサイドリゾートとして長い歴史を誇っています。油壷湾は賑やかすぎない雰囲気の入り江で、ヨットクルーズを目的に訪れる人が多くみられます。外房とは異なり波が静かなことも、この地域のマリンスポーツが人気である理由の一つ。特に暑い夏場には避暑地として油壷湾を訪れる人や、別荘地に移って静かに過ごす人が多いようです。

都会の喧騒を離れた別荘地

温暖でありながら、爽やかな海沿いの空気感を兼ね備えているところが、三浦半島ならではの長所と言えるでしょう。夏季は南西風が強く吹くため体感が涼しく、年間の平均気温は、南部で約16度と温暖です。神奈川県内ではもっとも暖かく、さらに関東地方全体では、房総半島南部に次ぐ暖かいエリアでもあります。冬季の寒さをしのぎつつ、夏場の爽やかな空気感に包まれる、まさに別荘地として最適な場所です。

海辺の街ならではの抜群の景観

三浦半島は三方が海に囲まれた半島でありながら、常緑樹が生い茂る森林景観を楽しむこともできます。海と緑のコントラストが美しく、都会にはない抜群の景観が楽しめます。油壷をはじめとするヨットハーバー、高台に溢れる緑と、そこから眺める富士山は圧巻の一言。日本の自然をダイナミックに感じられる場所です。

余暇時間を過ごすための見どころも満載

三浦半島はまぐろなどの新鮮な魚介類が豊富であり、いつも採れたての新鮮な食材を口にすることができます。横須賀を抜ければ、観光名所として有名な「八景島シーパラダイス」にも車で直接アクセスが可能。鎌倉や江の島も近いため、三浦半島に別荘を構えれば、そこを観光拠点にして余暇時間を楽しむことが可能です。

ゆったりと過ごせるスポットが多数点在

三浦半島には、入江・海水浴場・公園・寺社仏閣・史跡・美術館・桜の名所などの見所が満載。温泉施設なども完備され、土日祝日などをゆったりと過ごすためのスポットが満載です。約67ヘクタールの規模を誇る県内最大級の「県立観音崎公園」をはじめ、ハイキングが楽しめる「大楠山」や富士山を眺められる近代美術館なども、是非立ち寄りたいスポットです。

三浦半島周辺の基準地価一覧

基準値住所 H30年:基準地1㎡当たりの単価(円) 前年比(円)
横須賀市太田和1丁目1447番54 84,000 -6,000
横須賀市大矢部4丁目957番110 92,000 -7,000
横須賀市武1丁目1520番23 85,000 -4,000
横須賀市林1丁目2210番10 86,000 -6,000
基準値住所 H30年:基準地1㎡当たりの単価(円) 前年比(円)
横須賀市太田和1丁目1447番54 84,000 -6,000
横須賀市大矢部4丁目957番110 92,000 -7,000
横須賀市武1丁目1520番23 85,000 -4,000
横須賀市林1丁目2210番10 86,000 -6,000

参照元:平成30年地価公示(神奈川県分) - 神奈川県ホームページ(http://www.pref.kanagawa.jp/docs/h4k/cnt/f4920/p1227281.html)

三浦半島周辺の観光スポット

【三浦海岸】
三浦海岸

三浦市内で最も大きい海水浴場で、三浦市を代表する観光スポットの一つです。夏には海の家が建てられ、飲食の販売はもちろん、バーベキューに必要な道具も完備。

また、毎年8月には花火大会が行われ、およそ3,000発の花火が夏の夜空を彩ります。広い砂浜にゆったり座りながら花火鑑賞ができ、打ち上がった花火が海に反射するその光景はまさに絶景です。

【京急油壺マリンパーク】
京急油壺マリンパーク

画像引用元:京急油壺マリンパーク公式サイト(http://www.aburatsubo.co.jp/play/ashika.php)

急油壺マリンパークは、三浦市の西側に位置している水族館です。園内には7つの異なるゾーンがあり、1番人気である「ファンタジアム」では、海の生き物たちによるミュージカル仕立てのショーを見ることができます。

音と照明を駆使したパフォーマンスは見所満載です。また、ペット同伴での入園も可能。ドッグランやペット用の飲み水・シャワーが完備されているため、自宅や別荘でお留守番させるのは心配…という方でも安心です。

【三笠公園】
三笠公園

画像引用元:トップ | 横須賀市観光情報サイト「ここはヨコスカ」(https://www.cocoyoko.net/spot/mikasa-park.html)

横須賀を代表する公園で、「日本の都市公園100選・日本の歴史公園100選」に選ばれています。ダイナミックな壁泉が存在し、音に合わせて噴水が踊るなど、「水と光と音」をテーマに作られた特徴的な公園です。

また、日露戦争で活躍した世界3大記念艦の1つである「三笠」を、博物品として保存。艦内は設備を復元しており、日本海軍の歴史を詳しく学べます。芸術・歴史を肌で感じられるとして人気のスポットです。

【三崎魚市場】
三崎魚市場

画像引用元:三浦市公式ホームページ(http://www.city.miura.kanagawa.jp/ichiba/tatemonogaikan.html)

「三浦市三崎水産物地方卸売市場」が正式名称の三崎魚市場は、冷凍マグロの取引が行なわれることで有名な市場です。1日に400~1,000本の取引が行われており、その迫力はまさに圧巻の一言。

セリの様子は見学することができるので、興味のある方は午前8時~午前9時30分頃に足を運んでみてください。活気あふれるセリの様子を見ることができますよ。

そしてセリの現場を見学した後は、そのまま2階の食堂で地元の食材を使った料理を堪能していきましょう。マグロはもちろん、様々な種類の海の幸をどれも新鮮かつ手ごろな価格で堪能できます。

東京から箱根までのアクセス情報

東京・新宿から三浦半島までの距離はおよそ80km。移動時間は車で1時間20分程度と、気軽に通える距離にあります。新宿から車で向かう場合に利用するルートは主に、「首都高速湾岸線経由」「横浜横須賀道路経由」「首都高速神奈川1号線横羽線経由」の3つ。

渋滞状況によって多少変化しますが、なかでも首都高速湾岸線を経由するルートは比較的交通量が少ないのでおすすめです。

」豪邸を建てる人のための日本の豪邸施工事例特集
取材協力HOP(株)
公式HPを見る
電話で問い合わせる