豪邸を建てる » 豪邸のこだわりを知る
豪邸を建てる » 豪邸のこだわりを知る
” ”

豪邸にまつわるコラム集

家を建てる際のこだわりやきっかけは人それぞれ。周囲から豪邸と言われるような規模の家を建てるとなれば、なおさら。ここでは豪邸を建てるにあたって、ぜひともこだわってみてほしい設備を中心に関連情報をまとめています。

豪邸に相応しい造作キッチンとは?

造作キッチンとは大工さんや建具屋さんなど、職人の手によってつくられるキッチンのこと。家主の趣向や家の間取りに合わせてオーダーメイドでつくり上げることができます。毎日の食事やホームパーティーで大活躍するキッチン。あっと驚かせる工夫や高品質な素材を使用することで、豪邸の価値がさらに高まります。

よくあるシステムキッチンは機能が充実しており誰にでも使いやすい反面、ある程度規格が決まっているため希望の間取りにピッタリと合わせられないこともしばしば。色や素材、形についての制約も数多くあります。

造作キッチンはいわば完全フルオーダー。どんな間取りにもピタッとハマる形に作れます。キッチンで使用するこだわり調理器具も美しくディスプレイでき、最上級の空間を創造できるでしょう。

温室のある暮らし

居住スペースと一続きになった温室を「ガーデンルーム」あるいは「サンルーム」と言います。壁や天井がガラス張りなっていて、屋内に日光が取り込めるのが特徴です。ガーデンルームの使い方は、ガーデニングスペースとして利用したり日光浴ができるくつろぎスペースにしたりと人によって様々。目的に合わせてガーデンルームを設置すべき方角や、使うべき床材が変わってきます。ガーデニングならウッドデッキ式にして日光が入りやすい南側に配置するのがおすすめ。くつろぎのスペースにしたいなら、床は靴を脱いであがれるフローリングにして、日が入りにくい北と西日が強すぎる真西を避けるのがベターです。

多様な楽しみを提供してくれるガーデニングルームですが、注意すべき点もあります。温度管理が難しいことや、耐久性に欠ける点などです。施工業者とよく相談して、理想の暮らしが実現できるガーデンルームを造りましょう。

スーパーカー専用のガレージを持つ理由

車を愛する多くの人にとって、スーパーカーやクラシックカー(ヴィンテージカー)を自宅ガレージに置き、自由に乗り回すことは夢の一つです。そしてまた、富裕層には実際に豪邸に何台ものスーパーカーを所有する人が大勢います。ただ、彼らがスーパーカーを自宅ガレージで保管するのには、それなりの理由が存在します。スーパーカーならではの維持管理の難しさや窃盗被害への対策など、スーパーカーを安全に所有するには考えるべきことが少なくありません。また、スーパーカーは資産性が高く、投資目的で保有する対象としても魅力的です。

ワインセラーのある暮らしがもたらす価値と魅力

一流のセレブや企業家など世界中の富裕層や成功者の中には、自宅の豪邸にワインセラーを作り、日常的にワインを愛飲している人も大勢います。ワインには、同じ味を作り出す再現性がなく、その味が良くも悪くも常に変化し続けるという性質があります。言い換えれば、自宅で上質なワインを保管し、いつでも最高の状態を保てるということは、ワインセラーのある暮らしを送る人のみに許された特権です。また、ワインには単なる飲料としてだけでなく、世界中のビジネスや社交場で通用するツールとしての価値や投資商材としての価値もあります。

富裕層にとっての別荘のある生活

富裕層と呼ばれる人々にとって、別荘のある生活は単なる贅沢やステータスという以上に大切な意味を持っています。彼らにとっての別荘とは、多忙な日常の中で疲れた心や体を癒し、再び精力的に活動する為の休息地であったり、斬新なアイデアを生む為の非日常空間であったり、大切な人々と穏やかな時を楽しむ出会いの場でもあります。つまり富裕層にとって別荘のある生活とは、富裕層であるが故に抱える悩みや苦労を解決し、次の成功へと向かう為に欠かせないものです。また、昨今は別荘を緊急時の避難先として考える人も少なくありません。

ビジネスの成功と健康管理とは

仕事で重要な立場にいる人々にとって、仕事を成功させる為に自分の健康状態に気を遣うことは大切です。実際、多くの富裕層やセレブの中には、普段からトレーニングを行って、自分の肉体を外見的にも内側からも健康的に保っている人が大勢います。加えて、トレーニングを行う場所としてホームジムを豪邸内に設けたり、パーソナルトレーナーを雇ったりすることも珍しくありません。また、トレーニングをすることは、脳内物質を活性化させて、ストレスを低下させるだけでなく、想像力を高めるなど、新しい仕事を成功させる為にも役立ちます。

地下室がある家の魅力とその活用法

仕事が忙しい富裕層の方にとって、自宅で過ごす時間はなによりも貴重なもの。たまの休日や空いた時間を趣味や家族との時間にあて、日頃の疲れやストレスを発散したいものですよね。そんな暮らしを実現させるために、近年では自宅にプライベート空間が確保できる地下室を設け、音楽スタジオやシアタールームとして活用する方が増えています。自身の用途に合わせ、「もうひとつの部屋」として、特別な空間を作り出せるのが地下室のある家の最大の魅力だと言えるでしょう。

自宅サウナで汗と共に疲れを流す生活

短時間で体が温まり汗をかくことができるサウナ。日本に上陸して半世紀が経ちますが、今でもそのブームは衰えることを知りません。そんなサウナは施設に通って利用するのが一般的ですが、富裕層の中には自宅にサウナを設置する人も。それほど、サウナには大きな魅力があるのです。ここではサウナの魅力や、サウナがもたらす健康効果についてご紹介しています。特に忙しいビジネスマンの人は、チェックしてください。サウナの魅力がきっとわかるはずです。

大理石の家で優雅な生活を

石灰岩が結晶化してできる大理石。イタリアやトルコ、エジプトなど、世界各国から輸出されています。大理石には多様な模様があり、色は白・赤・ベージュ・黒と多彩。建材石材として使用することで、高級感を実現することが可能です。ただしそんな大理石を利用できるのは、限られた富裕層のみ。まさに成功者の象徴と言ってもいいでしょう。ここでは、お家で大理石を取り入れるメリットについてご紹介しています。はたして、多くの富裕層が大理石に魅了されるその理由とは。

豪邸に相応しいクローゼットとは

家を建てる際はデザイン性や間取りが重要なのはもちろんですが、クローゼットを重視することも大切です。豪邸を建てたいと考えている富裕層の多くは、私服はもちろんのこと、スーツやパーティ衣装などさまざまなファッションアイテムを数多く保有しています。それらのアイテムをキレイに収納するためには、広々としたクローゼットが必要不可欠でしょう。なかでもこだわって欲しいのが、「ウォーク・イン・クローゼット」と「シューズ・イン・クローゼット」の2つ。それぞれの特徴や魅力についてご紹介します。せっかく豪邸を建てるなら、収納スペースまでこだわってみてはいかがでしょうか。

「離れ」のある家の魅力とは

テレビや映画などで、豪邸と同じ敷地に存在する「離れ」を見たことがある人は多いはずです。仕事場や音響ルーム、ゲストハウスとなど離れの活用方法はさまざま。なかには、二世帯住宅として使用する人も。ここでは離れの魅力や活用方法に加え、事前に知っておきたい離れを建てる際のルールについても詳しく紹介しています。離れを上手く利用すれば、普段の生活をワンランクアップさせる…なんてことも可能になるでしょう。敷地を有効活用する意味でも、自慢の豪邸にプラスして離れのある生活を考えてみてはいかがでしょうか。

豪邸だからこそ忘れてはいけないセキュリティ対策

家を建てるうえで、セキュリティ対策は必要不可欠です。特に豪邸はほかの家よりも目立つため、空き巣犯の標的となるケースが多くなっています。ここでは空き巣犯から家を守るための防犯対策グッズや、狙われやすい家の特徴についてまとめてみました。今から家を建てようと考えている人は、ぜひチェックしてみてください。セキュリティ対策をきちんと行って、安心で快適な暮らしのできる家を手に入れましょう。

自宅に書庫がある生活

豪邸の持ち主、いわば成功者は読書を習慣としている人が多いのをご存知でしょうか?読書をして得られるメリットに「新しい視点が見つかる」「話術が磨ける」といったものが挙げられます。本は次々に新しいものが発売されるため、読書を習慣化している人にとっては保管場所に困ることも多いはず。そんなときにおすすめなのが、自宅に書庫をつくることです。自宅に書庫があることで本の保管スペースを十分に確保できるため、気にせず新しいものを購入できます。自分が好きな本に囲まれる生活に憧れを抱いている方は、ぜひ自分専用の書庫を手に入れてみてはいかがでしょうか。

グランドピアノのある家の魅力

グランドピアノがある家を思い浮かべるとき、多くの方は豪邸を想像するでしょう。実際にグランドピアノは値段が高額となっているため、誰でも購入できるわけではありません。金銭的に余裕のある人が、所有するケースが多くなっています。ここでは、そんなグランドピアノの魅力や自宅に設置する際の注意点などについてまとめています。これから建てる予定の家にグランドピアノを置きたいと考えている人は、ぜひチェックしてみてください。

絵画のある家での暮らし

成功者の多くが所有する絵画。実際有名な絵画は高値で取引されており、誰でも手に入れられるわけではありません。有名な画家の絵画を所有することは、いわば富裕層のステータスのひとつと言って過言ではありません。絵画にはインテリアとしての一面もあり、家の中を鮮やかに彩る効果も。ここでは絵画のある家の魅力や、人気の画家をまとめてご紹介しています。絵画を所有することはさまざまなメリットをもたらすので、今はまだ絵画に興味がない人もぜひチェックしてみてください。

こだわりの浴室で毎日に癒しを

浴室はいわば自宅のエステサロンといっても過言ではありません。日本人は特にお風呂好きな方が多いですが、近年では海外でも自宅の浴室が重視され始めており、さまざまなデザインが存在しています。そのため豪邸では、バスタブ・シャワーなど細部にまでこだわり、お洒落な浴室を作り上げるのも楽しみのひとつ。湯船につかるという行為には疲れを取ることはもちろん、血行促進やストレス解消、さらに美容効果といったさまざまな効果が期待できると言われています。夢の豪邸を建てる際に、自分好みの浴室を取り入れてみてはいかがでしょうか。

水盤で水を取り入れた空間

家の敷地内に癒しや独特の雰囲気をつくりたいのであれば、水を取り入れるのがおすすめ。水盤とは建設物や庭に設ける浅い水面のことをいい、広いスペースに池や水盤を取り入れるだけでも、世間の喧騒を忘れさせるリゾートのような雰囲気を演出できます。水盤は屋外・屋内のどちらにも取り入れることができ、大きさやデザインも実にさまざま。また、水には風景を反射させる特性がありますので、水盤部分だけではなくそのエリア一帯の雰囲気を演出してくれるのです。

全館空調で心地よい暮らしを叶える

せっかく豪邸を建てるなら、ホテルのように快適に過ごせる空間にしたいもの。暑さや寒さのストレスがない空調が整った環境は、全館空調だからこそ味わえる特別な空間です。家は長い時間を過ごす場所になるので、空調環境はこだわりたいポイントの1つ。全館空調ならどの部屋にいても温度差を感じない快適な空調を維持でき、家族で健やかに過ごせる暮らしを叶えてくれるのも魅力です。また、空調設備が露出しないため、生活感のないホテルライクな空間を演出することもできます。

薪ストーブのある暮らしの魅力

部屋を暖めてくれるだけでなく、おしゃれなインテリアとしても人気が高い薪ストーブ。アンティークなインテリアや北欧家具との相性も良く、西洋風の部屋に仕上げたい方にもおすすめ。また、薪ストーブのほかにもペレットストーブや暖炉という選択肢もあり、暖炉を設置することで高級感のある空間に演出することもできます。薪ストーブや暖炉などには、家族が自然と集まる装置としての役割も期待できるのが特徴。また、炎のゆらめきには癒し効果があるとされており、薪がパチパチと爆ぜる音を聴きながら1人の時間をゆったりと過ごす楽しみ方もできます。

防音室というロマン

楽器の演奏やホームシアターを思う存分楽しめる防音室は、まさに大人の隠れ家ともいえるロマンたっぷりの空間です。仕事を退職して第二の人生として趣味を楽しみたいという方にとっても、防音室のある暮らしは充実したものになることでしょう。ただ、防音性能がしっかりしていないと、音漏れが原因で家族やご近所とのトラブルにつながる可能性もあり。そうなってしまうと、趣味を楽しむ充実した日々から遠ざかってしまうかもしれません。そのため、用途や環境に合った防音室づくりが重要になってきます。。

ペットにとっての心地よい暮らしとは

家族で一緒に過ごす大切な場所になるからこそ、同じく大切な家族の一員であるペットにとっての心地よさも考えてあげたいもの。ただ、人間と動物では習性が異なるため、ペットにとっての心地よさを考えるなら一緒に暮らしている犬や猫の習性をきちんと理解しておく必要があります。どんなものが好きなのか、どんなことにストレスを感じるのかを改めて知ることで新たな発見もあり、ペットの視線を取り入れることで一緒に家づくりに取り組んでいるような楽しさも味わえるはずです。

オーシャンビューの豪邸で過ごす贅沢なひと時

目の前に青い海が広がる絶景をいつでも楽しめ、波の音をBGMに眠りにつく暮らしは、海の近くでしか味わえない贅沢な時間です。オーシャンビューの豪邸での暮らしはホテルに滞在しているようなリゾート気分を堪能でき、さらに波の音が都会で疲れた心を癒してくれ、自宅で過ごす時間がより特別で上質なものとなることでしょう。マリンアクティビティが好きな人にとっても、いつでも海を感じられるオーシャンビューの豪邸は、まさに理想をカタチにした住まいです。

屋根へのこだわりが豪邸としての格を決める

こだわりの住まいが建ち並ぶ高級住宅街において、ほかの豪邸と差をつけたいオーナーが目を向けるべきは「屋根」です。なぜなら、多くのオーナーが豪邸らしい高級感や存在感のある外観・内装を追求するのに対し、屋根に関しては一般住宅でもよく見る形状や素材で落ち着きやすいため。だからこそ、ほかのオーナーが見落としやすい屋根の形状や素材にまでこだわることで、ワンランク上の豪邸づくりを叶えられるでしょう。

照明計画がもたらす高級感と癒しの空間

光には人の心をほっとさせたり、空間の印象を変えたり、とさまざまな効果があります。豪邸らしい高級感を演出したい、くつろげる空間にしたいときは、照明計画にこだわることが大切です。照明によっては家を建てた後だと設置が難しいものもあるため、部屋に求める雰囲気に合わせて適切な照明計画を事前に立てておく必要があります。後悔しないためにも、照明の種類や高級感を演出するアイディアを今から押さえておきましょう。

自宅でリゾート気分を味わう屋上の活用法

高級注文住宅ならではの自由な設計を楽しむなら、豪邸での暮らしをより特別なものにしてくれる屋上を設置するのもおすすめです。自宅にいながらアウトドア気分を味わえたり、バスルームを設置して癒しのひと時を満喫したり、セカンドリビングとして使用したり、とアイディア次第でさまざまな楽しみ方ができます。自宅の中とはまた違った時間を過ごせ、新たなライフスタイルの発見や家族の絆がより深まるきっかけになるかもしれません。

廊下をただの通路から魅力的な空間へ

廊下は、デザイン次第でただの通路から暮らしを豊かにする空間へとレベルアップできる可能性を秘めています。廊下の可能性を引き出すためにも、まずは廊下にこだわるメリットやデザインのポイントなどを押さえておきましょう。

フローリングの色にこだわるべき理由

フローリングは部屋に入ったときに目に入りやすい部分だからこそ、部屋の雰囲気に影響する床色は慎重に検討する必要があります。特に家具にこだわりたい人は、どの床色にするかで家具が空間に映えるかが決まってくるので、家具との相性やバランスを考慮しながら選ぶことが大切です。

こだわりの天井デザインで差をつける

天井は部屋の雰囲気を決定づける重要な要素になる一方で、床や壁に比べてこだわる人の少ない部分でもあります。つまり、ほかの住まいと差をつけるなら、天井のデザインが狙い目と言えるでしょう。ワンランク上の内装にするために知っておきたい、天井の種類やデザインのポイントをまとめました。

モールディングで豪邸らしいエレガントさを演出

モールディングは、西洋建築で多く取り入れられている装飾法です。美しい陰影によってエレガントな空間を演出でき、豪邸らしい高級感と上品さをもたらしてくれます。モールディングを空間づくりに取り入れるポイントやデザインアイディアなどを見ていきましょう。

シューズインクローゼットのある生活

シューズインクローゼットとは何か、シューズボックスとの違いを解説します。またシューズインクローゼットの種類やデメリットも紹介しています。つくる場合のポイントや注意点を参考にしてシューズインクローゼットの設置を検討してみてください。

防音性を高めるなら窓にこだわるべき理由

外からの音、家の内側からの音は窓から伝わります。防音性を高めて快適に暮らすなら、窓にこだわることが大切です。家が建ってしまってからやり替えるのは大変なので、サッシやガラスの構造・性能を防音という視点でしっかり選択しましょう。

豪邸に温泉を作る際のポイント

家を建てるなら露天風呂が欲しいという方のために、露天風呂(温泉)をつくるポイントや設置場所について解説します。また露天風呂が難しくてもアイデアによって実現できることもあります。理想の露天風呂のために、参考にしてみてください。

日本でフランス住宅のような豪邸を建てるには

日本でフランス住宅を建てたいなら、まずは日本とフランス住宅の違いを知っておきましょう。本物へのこだわりが強いフランスの住宅は、一部だけの再現ではなくディテールまで再現できるよう、フランス住宅についての経験や知識がある施工会社を選ぶことも大切です。

インナーテラスで叶える屋外の開放感

リゾートのような開放的な空間を演出できるインナーテラス。天候を気にせずさまざまなスペースとして活躍します。インナーテラスを設置するメリットやデメリット、おすすめの活用方法をまとめました。

アウトドアリビングが叶えるリゾート暮らし

昨今のアウトドアブームで注目が集まる「アウトドアリビング」について、概要やメリット・デメリット、おすすめの活用方法をまとめました。アウトドアリビングを設ける際の注意点についても解説していますので、ぜひリビングづくりの参考にしてみてください。

坪庭を作る際のポイント

採光や通風用として古くから和風建築に取り入れられてきた坪庭。現代では洋風でモダンな坪庭も増えており、観賞用として設置されるケースも多いです。ここでは、坪庭のメリットやデメリット、設置する際のポイントについて詳しくまとめました。

ドライエリアで叶えるハイスペックな地下空間

地下室の周囲を掘り下げて作るドライエリアは、暗くジメジメとした地下室のイメージを一掃してくれる魅力ある空間です。ここでは、ドライエリアの概要や配置するメリット、デメリットについて解説しています。

濡れ縁とウッドデッキ・縁側の違い

壁の外側に張り出した床を濡れ縁と呼びます。濡れ縁がある家なら、庭との距離が近く、裸足のままで外の空気を感じられます。ここでは、濡れ縁とウッドデッキ・縁側との違いや取り込み方、代表的な素材をまとめました。

広縁のある暮らし

ホテルや旅館の窓際によく見られる広縁は、ゆとりのある空間を演出するスペースです。広縁のメリット・デメリット、豪邸に広縁を取り込むコツを解説しています。

上がり框の効果

土間とたたきの段差についている上がり框は、玄関を機能的にするだけでなく、玄関のデザインを印象付けます。ここでは、上がり框の効果や決め方などをまとめました。

豪邸に品格を持たせる和室照明の選び方

和室の雰囲気は、照明によっても大きく変わります。最近はおしゃれな和室照明が増え、インテリアの自由度も高くなってきました。ここでは豪邸にふさわしい風格を持たせるための和室照明の選び方や種類を解説しています。

豪邸にピクチャーライトをどのように取り入れるか

空間に個性を持たせてくれるアートや写真をより際立たせるなら、ピクチャーライトがおすすめです。自宅を美術館のように見せてくれるピクチャーライトの取り入れ方や種類について解説しています。

ウォールウォッシャーのある上質な住まい

光で壁を洗うようにまんべんなく照らすウォールウォッシャーは、空間を広々と見せることができる照明です。ここでは、ウォールウォッシャーの効果をまとめました。

足元から安らぎを作るフットライト

足元を優しく照らしてくれるフットライトは、間接照明の役割も果たします。広い豪邸を安全に移動するためにも、フットライトの設置を検討してみましょう。ここではフットライトの選び方や場所別のおすすめフットライトを紹介します。

煌びやかな雰囲気を作り出す螺旋階段

歴史的建築物にも多く設置されている螺旋階段は、アートのような美しさが魅力で、豪邸にぴったりの階段です。非日常さを感じさせる螺旋階段を取り入れれば、物語の主人公のような気持ちで毎日を過ごせます。ここでは、螺旋階段のメリット・デメリットや取り入れるポイントをまとめました。

スタイリッシュな空間をつくるスケルトン階段

開放感のある空間づくりができるスケルトン階段は、デザイン性が高く、インテリアの一部にもなります。ここでは、スケルトン階段のメリット・デメリット、デメリットを解消する方法などを紹介しています。

機能性とデザイン性を併せ持つコンサバトリー

イギリスの邸宅の多くでは、ガーデニングスペースとして設けられているコンサバトリー。豪邸にぴったりなコンサバトリーは、さまざまな使い方ができます。ここではおしゃれなコンサバトリーの種類や活用方法、メリット・デメリットなどをまとめました。

遊び心を忘れない邸宅に隠し扉を

小説や映画に登場するような隠し扉は、古くから重要な人物が住む宮殿や王宮、お城などに作られていました。遊び心が満載でワクワクしながら暮らせる隠し扉は、豪邸にもぴったりのアクセントです。ここでは隠し扉のアイディア例を紹介します。

自分専用のエレベーターで味わうリッチ感

豪邸での暮らしをさらにリッチなものにしてくれるホームエレベーター。自宅にエレベーターの設置を検討している方に向けて、エレベーターの持つ魅力やメリットを紹介。また、デメリットについてもまとめているため、参考にしてください。

ラグジュアリーな空間を演出するステンドグラスの魅力

インテリア性の高さから住宅のドアや窓に取り入れられているステンドグラス。朝や夕方などによって見え方の変わる光の変化が、豪邸にふさわしいラグジュアリーな空間を演出してくれます。ステンドグラスの魅力やメリット、デメリットについてまとめました。

門扉が生み出す安全とデザイン性

門扉には防犯性を高める効果が期待できるため、豪邸を建てるなら検討したい設備の1つです。さまざまな種類のデザインがあり、家の外観全体をおしゃれに演出することも可能。門扉を設置する際の参考になるように、門扉の種類や材質について紹介します。

豪邸で堪能するオール電化な生活

新築一戸建てや注文住宅を建築する際、オール電化にする方が増えています。これまで通りガスと併用の住宅にするか、オール電化にするかで迷っている方に向けて、オール電化の設備・種類の特徴やメリット・デメリットをまとめました。

家族もゲストも満足する客間をつくるポイント

友人や両親、親族が訪れた際におもてなしをするための空間となる客間。かならずしも必要な部屋ではないからこそ、取り入れることで余裕のある住まいや生活という印象を与えられます。客間を設けるメリットや間取りを考える際の注意点についてまとめているので、参考にしてください。

シンボルツリー(庭木)を植える際の基礎知識

庭のテイストに統一感を持たせたり、あるいは目隠しとして使用したりするのに便利なシンボルツリー。豪邸の雰囲気にマッチする樹木を選ぶことが大切です。オリーブやシマトネリコ、キンモクセイほか、人気のシンボルツリーについて簡単に特徴をまとめました。

東京の高台にある住宅地に豪邸を建てるなら

東京都の高台には、麻布や六本木、城南五山ほか、ブランドエリアとして知られるような高級住宅地がいくつもあります。高台に豪邸を建てることで得られるメリットのほか、あらかじめおさえたおきたい注意点などもまとめました。

豪邸に大開口窓を設置する際の重要ポイント

豪邸と相性のよい大開口窓。庭やウッドデッキに続くリビングなどに設置すると、室内がより広くなったように感じられます。設置場所を工夫することで、自然光をたっぷりと取り入れつつ、庭の景色をたのしむことのできる住まい空間を実現できます。

センスを感じる豪邸に多いコンクリート打ちっぱなし

コンクリートならではの無機質さが都会的な印象を与え、洗練されたスタイリッシュなデザインに仕上がることから豪邸オーナーにもファンの多いコンクリート打ちっぱなし。デザイン性だけでなく、住みやすさや安全性にも関係する耐火性・遮音性に優れているのも魅力です。

豪邸の高級感や優美さが引き立つアーチ壁・R垂れ壁

柔らかな曲線を持つアーチ壁・R垂れ壁は優美な印象を与え、インテリアの一部としてワンランク上の空間を演出してくれます。西欧建築を取り入れた洋風の豪邸との相性が良く、全体のデザインの調和を取りやすいというメリットもあり。似合うデザインが限られるので、アーチ壁・R垂れ壁の施工実績が豊富な会社に依頼することが大切です。

空間を華やかに彩るサーキュラー階段

サーキュラー階段は輸入住宅でよく見られる階段で、ゆるやかな曲線を描いているのが特徴。映画の舞台装置のような華やかさがあり、ラグジュアリーな空間を演出してくれます。デザイン性の高さから、海外ではインテリアのひとつとして考えられているおしゃれな階段です。

豪邸で過ごす時間をより豊かにするセカンドリビング

メインリビングとはまた違った過ごし方ができる空間として、注目度が高まっているセカンドリビング。用途やレイアウトの自由度が高いため、ライフスタイルが多様化している現代にぴったりの空間です。効果的に取り入れれば、豪邸での暮らしをより豊かに彩ってくれるでしょう。

高級ソファで極上の癒し空間を演出

リビングの主役ともいえるソファは、選ぶものによって部屋の印象を大きく変えるアイテムなだけに、「デザインの良い高級ソファを置きたい!」と思う人も多いでしょう。高級ソファにはそれぞれ特徴があるため、人気のブランドをチェックしておくのも重要です。

観葉植物で豪邸に安らぎをプラス

広々としたLDKを持つ豪邸には、部屋のアクセントとなるシンボルツリーを設置するのがおすすめです。大型観葉植物は空間に緑を与えるだけでなく、豪邸の格を上げるのにも役立ちます。また、観葉植物にはたくさんの種類があり、選ぶものによって育て方も異なるでしょう。

日本人の美意識と使いやすさを反映した国産家具の魅力

日本の高級家具ブランドでは、日本人の美意識と住環境をよく知っているからこそ、使いやすさと快適さを兼ね備えた上質な家具を多く発信しています。また、国内でメンテナンスを受けられるため、10年20年後も快適に使い続けられるのも国産家具だからこその魅力です。

家具業界で確かな存在感を放つイタリアの高級家具ブランド

名だたるデザイナーによる高級家具ブランドを多く生み出し、世界最大の家具の見本市を毎年開催しているイタリア。常に家具業界の中心にあり、最先端のデザインを世に発信しています。無駄のない洗練されたモダンデザインの家具は、豪邸の格をより高めてくれるでしょう。

」豪邸を建てる人のための日本の豪邸施工事例特集
関連記事一覧
取材協力HOP(株)
公式HPを見る
電話で問い合わせる(営業時間:9:00~18:00)
※日曜祝日を除く