豪邸を建てるTOP » 日本のおすすめ別荘地 » 軽井沢 » 別荘地としての南軽井沢
豪邸を建てるTOP » 日本のおすすめ別荘地 » 軽井沢 » 別荘地としての南軽井沢

起伏の少ない土地
南軽井沢

軽井沢は避暑地として人気で、多くの別荘地があります。南軽井沢は「軽井沢ゴルフクラブ」ができたことがキッカケで別荘が建てられ、現在はミュージアムや文学館が集中しているエリアです。そのほかにもテニスコートや人口芝のグラウンド、屋内外のアイスリンクも揃っています。ここでは南軽井沢の別荘地としての魅力や、近くの観光スポットについてご紹介。軽井沢で別荘を建てたいと考えている人は、ご一読ください。

軽井沢は避暑地として人気で、多くの別荘地があります。南軽井沢は「軽井沢ゴルフクラブ」ができたことがキッカケで別荘が建てられ、現在はミュージアムや文学館が集中しているエリアです。そのほかにもテニスコートや人口芝のグラウンド、屋内外のアイスリンクも揃っています。ここでは南軽井沢の別荘地としての魅力や、近くの観光スポットについてご紹介。軽井沢で別荘を建てたいと考えている人は、ご一読ください。

南軽井沢の別荘地としての魅力

南軽井沢のおすすめ別荘地エリア情報

南平台

ゴルフ場が隣接しているのエリアのため、比較的平坦地が多い南平台。利便性も高く、碓氷軽井沢ICからスムーズにアクセスできます。軽井沢のなかでも起伏の少ない土地は数が少ないため、平坦な土地を好まれる方にとってはうってつけの別荘地だと言えるでしょう。

小倉の里

1969年に長野県開発公社が開発・分譲を手掛けた、50年近い歴史を持つ別荘地です。一般車両が通り抜けできないエリアのため、別荘地にふさわしい穏やかな雰囲気が最大の魅力。長野オリンピックの記念として建てられた風越アリーナや、塩沢湖の軽井沢タリアセンが隣接しているので、軽井沢の景色を眺めながら散歩を楽しめるのも小倉の里の醍醐味と言えるでしょう。

南軽井沢周辺の観光スポット

【軽井沢レイクガーデン】
軽井沢レイクガーデン

画像引用元:軽井沢レイクガーデン公式サイト(http://www.karuizawa-lakegarden.jp/)

湖と8つのガーデンエリアから展開される軽井沢レイクガーデン。四季の花々や景観を堪能できるスポットとして人気です。中でもバラ有名となっており、イングリッシュローズガーデンでは160種類600株の英国系のバラ、フレンチローズガーデンでは70種類200株のバラを見ることができます。

施設内にはガーデンショップや雑貨屋さん、欧風のレストランも併設。ショッピングや料理を楽しめ、ゆったりした時間を過ごせます。

【軽井沢タリアセン】
軽井沢タリアセン

画像引用元:軽井沢タリアセン公式サイト(http://www.karuizawataliesin.com/look)

塩沢湖のほとりに位置する軽井沢タリアセンは、自然・アート・歴史が融合した観光スポットです。敷地内には美術館や歴史ある建築物が点在しているので、アート好きにはたまらない環境となっています。

塩沢湖ではボート遊びができるため、湖の上から美しい風景を楽しむことが可能です。豊かな自然があるのも軽井沢タリアセンのポイントで、季節によってさまざまな花の開花を見ることができます。レストランやカフェもあるので、散策地中で立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

【ムーゼの森】
ムーゼの森

画像引用元:ムーゼの森公式サイト(http://museen.org/)

大自然に囲まれた敷地内には「軽井沢絵本の森美術館」と「エルツおもちゃ博物館・軽井沢」、ふたつの博物館があります。軽井沢絵本の森美術館ではヨーロッパの古典・絵本を通して歴史を辿ることができるので、小さいころに読んだ絵本と再会できる可能性も。

エルツおもちゃ博物館では、ドイツの職人たちによって300年以上受け継がれている伝統木工おもちゃを展示。精巧に作られたおもちゃは、見るだけでも楽しめます。

そのほかにも軽井沢の風土に合わせた植物で構成されたピクチャレスク・ガーデンや、ロケーションがばっちりなカフェもあるので、一日通して満喫できるスポットです。

のどかな雰囲気が魅力的なエリア

軽井沢駅の南側に位置する、南軽井沢エリア。新軽井沢や旧軽井沢といった中心地から少し外れた場所に位置するため、のどかで落ち着いた雰囲気が魅力の別荘地です。アクセス環境も良く、都心からでも快適に足を運ぶことができます。中心街からは多少離れますが、穏やかな土地に別荘を建てたいという方にはおすすめのエリアです。

東京から南軽井沢までのアクセス情報

東京・新宿から南軽井沢までにかかる時間は、車でおよそ2時間半。距離にして約170kmです。軽井沢の他エリアと同様、関越自動車道と上信越自動車道を経由してのアクセスになるため、観光客が集まる大型連休の際に訪れる場合は、渋滞も考慮しておくようにしましょう。

渋滞を避けたい場合は、新幹線を利用するのがおすすめ。片道5,000円弱の費用がかかりますが、東京からだと約70分ほどで辿り着けるため、時間も計算しやすいです。

取材協力

ハウジングオペレーション
アーキテクツ株式会社

ハウジングオペレーションアーキテクツ
ハウジングオペレーションアーキテクツ
取材協力HOP(株)
公式HPを見る
電話で問い合わせる