豪邸を建てるTOP » 豪邸施工事例集 » モダンな豪邸特集 » 大開口のあるモダン住宅
豪邸を建てるTOP » 豪邸施工事例集 » モダンな豪邸特集 » 大開口のあるモダン住宅
modern

大開口のあるモダン住宅

吹き抜けのある豪邸_外観

高さ6mに達する大窓が、北国の景観と室内を一体化させています。直線で構成されたモノコック的な外観の内部で柔らかい照明が輝き、打ち放しのコンクリートの外壁は、大自然にナチュラルに溶け込んでいます。

吹き抜けのある豪邸_リビング_1

直線で構成されたリビングに曲線の階段がアクセントを加えています。2階フロアの床を1階に切り落としたような奥行きのある階段が、1階リビングの広大な空間を、2階へと自然につなげています。

吹き抜けのある豪邸_リビング_2

高さ6mの大開口からは、北の大地と空の変化が眺められるようになっています。景観のスケールにも負けない存在感のあるペンダント照明は、夜間に部屋を明るく、優しく照らします。

吹き抜けのある豪邸_2階

大窓からは北国の太陽光が降り注ぎ、太陽の運行とともに光と影のしま模様を描き出します。6mの大開口の窓枠と、ペンダントライトのデザイン、さらには光と影の線が部屋に独特の一体感を生んでいます。

吹き抜けのある豪邸_階段

2階フロアの奥行と1階フロアの広がりを結ぶ階段になります。2階のフロアを切り落としたような曲線の階段は、直線で構成された室内に独特の安らぎとくつろぎを与えます。

吹き抜けのある豪邸_展示スペース

玄関からリビングに通じる廊下に、本格的な展示コーナーを確保しています。ゲストを室内に招き入れる際にも、自然と会話が弾む仕組みとなっています。

吹き抜けのある豪邸_バーカウンター

リビングとダイニングの境界に、バーカウンターが設けられています。リビングのソファ、ダイニングの椅子の高さとも異なる、高めの位置に座席が用意されているため、異なる視点から北国の自然の移ろいを眺められます。

吹き抜けのある豪邸_キッチン

オーブンなどを壁面に埋め込んだ特注のキッチンになります。料理づくりにも申し分のない、十分な奥行きのあるアイランドキッチンで、コンロの油はね対策には見た目を損なわないガラスのシールドが設置されています。

吹き抜けのある豪邸_エントランス_1

たたきとホールを隔てる上がり框の頑丈な一本の材が、安心感を与えてくれます。横幅が広いたたきは、大人数のゲストが訪れても、靴を奇麗に一列にそろえられるという利便性もあります。

吹き抜けのある豪邸_エントランス_2

玄関のたたきと同じタイルで、応接室が連続しています。応接室の壁面には両面式の暖炉が設けられており、暖炉の温もりは壁の裏側に広がる巨大なリビングと共有されます。

吹き抜けのある豪邸_外観
吹き抜けのある豪邸_リビング_1
吹き抜けのある豪邸_リビング_2
吹き抜けのある豪邸_2階
吹き抜けのある豪邸_階段
吹き抜けのある豪邸_展示スペース
吹き抜けのある豪邸_バーカウンター
吹き抜けのある豪邸_キッチン
吹き抜けのある豪邸_エントランス_1
吹き抜けのある豪邸_エントランス_2

施主の思い

大自然を取り込みたい

周囲の大自然を家の中に取り込むダイナミックな作りの家を望みました。また、家族それぞれが自分の時間を大切にできるような家も希望でした。

建築家はこう作った

屋外の解放感と屋内の快適さの融合

屋外の開放感と、屋内の快適さを両立させる住宅を徹底して意識しました。高さ6mの大開口では採光や採暖に注意して、室内の快適性も追求しています。例えば、リビングの一角にバーカウンターを設け、リビングのソファやダイニングの椅子より敢えて高めの位置にしています。また、キッチンは特注の造作を施しオーブンを壁に埋め込むなど、奥行きもあり料理を存分に楽しめるアイランドキッチンが完成しました。その他、玄関からリビングの廊下には趣味の展示コーナーを充実させ、ゲストとの会話が自然と弾むように工夫をしています。まさに家族が思い思いの時間を過ごせる理想の空間を詰め込んだ邸宅です。

住宅基本情報

所在地 北海道 構造 鉄筋コンクリート造2階建 延べ床面積
(㎡)
469.44㎡
施工事例提供

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

ハウジングオペレーションアーキテクツ

何十年経っても色あせない、町の文化遺産として後世に愛されるような高級注文住宅を、北海道を中心に国産材で作り上げるハウジングオペレーションアーキテクツ(HOP)。「古くならずに、深くなる」、年とともに愛着の深まる邸宅づくりの事例を紹介します。

ハウジングオペレーションアーキテクツ
取材協力HOP(株)
公式HPを見る
電話で問い合わせる