豪邸を建てるTOP » 豪邸施工事例集 » 和風建築の豪邸特集 » 茶室のある家
豪邸を建てるTOP » 豪邸施工事例集 » 和風建築の豪邸特集 » 茶室のある家
japanese style

茶室のある家

茶室のある豪邸_外観

切妻屋根の美しい本宅と廊下でつながる形で、破風の短い数寄屋造りの茶室が設けられています。付け柱が印象的で、茶庭も設けられている本格的な茶室になります。

茶室のある豪邸_エントランス

無垢材を多用した玄関は、木目の美しい空間に仕上がっています。また、玄関は前室、八畳の茶室と直接つながっていますので、プライベート空間とのゾーニングが完璧に行われています。

茶室のある豪邸_和室

本勝手に炉が切られた八畳の茶室になります。床の間の隣には床脇を備えているため、座敷としても楽しめる空間になっています。さお縁天井も美しいです。

茶室のある豪邸_水屋

茶室の前室には水屋が設けられています。本格的に趣味を楽しむオーナーの希望を見事に果たした仕様になっています。

茶室のある豪邸_縁側

茶室に面した茶庭には、つくばいや飛び石が置かれています。手水鉢に前石、湯置石、手燭石と役石が全て配置された本格的なつくばいになります。

茶室のある豪邸_ダイニング

本屋ゾーンは開口部を大きく取り、明るい日差しが降り注ぐような設計になっています。廊下からリビングに入ると、ピアノが目に飛び込んでくる間取りになっていて、ピアノを弾くと2階のアトリエで反響し、音が家中に響き渡るように設計されています。

茶室のある豪邸_リビング

南向きの大開口部からは、手作りの庭園が眺められるようになっています。庭づくり、茶事、音楽、絵画という多彩な趣味を持つオーナーの希望を考慮した設計になっています。

茶室のある豪邸_外観
茶室のある豪邸_エントランス
茶室のある豪邸_和室
茶室のある豪邸_水屋
茶室のある豪邸_縁側
茶室のある豪邸_ダイニング
茶室のある豪邸_リビング

施主の思い

夫婦の趣味の両立

夫婦がそれぞれの趣味を楽しめる優雅なついのすみかを希望しました。

建築家はこう作った

ゾーニングを意識して設計

茶事、絵画、音楽、庭造りと、オーナーであるご夫婦がそれぞれの趣味を楽しむことができるように、ゾーニングを意識して設計しました。

住宅基本情報

所在地 北海道 構造 木造2階建 延べ床面積
(㎡)
203.79㎡
施工事例提供

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

ハウジングオペレーションアーキテクツ

何十年経っても色あせない、町の文化遺産として後世に愛されるような高級注文住宅を、北海道を中心に国産材で作り上げるハウジングオペレーションアーキテクツ(HOP)。「古くならずに、深くなる」、年とともに愛着の深まる邸宅づくりの事例を紹介します。

ハウジングオペレーションアーキテクツ
取材協力HOP(株)
公式HPを見る
電話で問い合わせる