豪邸を建てるTOP » 日本のおすすめ別荘地 » 別荘地、高鷲の魅力
豪邸を建てるTOP » 日本のおすすめ別荘地 » 別荘地、高鷲の魅力

日本有数の別荘地
高鷲

高鷲は、2004年に岐阜県郡上市に合併された7町村のうちのひとつで、たくさんあるスキー場や、あまたの花が咲き誇り広大な牧場や高原などが有名です。スキー場や牧場、高原というと、ウィンタースポーツを楽しむ人たちや家族連れの観光客などが多いイメージですが、別荘地としても選ばれているエリアであり、夏は涼しくて過ごしやすいので避暑地として特に人気が高まっています。

高鷲は、2004年に岐阜県郡上市に合併された7町村のうちのひとつで、たくさんあるスキー場や、あまたの花が咲き誇り広大な牧場や高原などが有名です。スキー場や牧場、高原というと、ウィンタースポーツを楽しむ人たちや家族連れの観光客などが多いイメージですが、別荘地としても選ばれているエリアであり、夏は涼しくて過ごしやすいので避暑地として特に人気が高まっています。

高鷲の別荘地としての魅力

過ごしやすい高原の気候と交通アクセスの良さが魅力

夏場はエアコン要らずの快適環境

高鷲は標高900mの高さがあり、真夏でも気温が30度を超えることはほとんどなく18度以下になることも少なくありません。湿気も低くて快適に過ごせるので、避暑地に最適の気候です。冬はスキーができるほど雪が積もりますが、その分道路環境や交通の便が良いというメリットもあります。

都心からのアクセスが良い

東海北陸自動車道「高鷲IC」を降りて車で15分ほどで着くので、東京方面からのアクセスも良く、名古屋や大阪からも比較的近いので、日本海側のスキー場へ行くよりも便利です。

四季を通していろいろな楽しみ方ができる

初夏はチューリップ、夏はラベンダー、秋にかけてのいちご狩り、ミズバショウの群生地やゆり園、スキー場の斜面に植えられたコキアの紅葉など、季節によってさまざまな植物の移ろいが楽しめます。また、冬場はウィンタースポーツだけでなく、豊富な雪を利用して作った雪像やかまくらを競う雪まつりや冬の乗馬など、お子さんでも楽しめるアクティビティが満載。

お子さんからお年寄りまで幅広く親しめるエリア

高鷲には秘湯・名湯と呼ばれる数々の温泉が存在しています。

その効能は神経痛、筋肉痛、五十肩、関節痛、うちみ、くじき、きりきず、やけど、冷え性、慢性皮膚病、疲労回復など、湯治として利用するのにも適しています。

日帰り入浴できる施設も多く、露天風呂や森林風呂を雄大な自然の中でのびのびと浸かることができます。

別荘の近くに温泉場があれば、毎日広いお風呂でのんびりして、日ごろの疲れも吹っ飛んでしまいそう。

日常から離れるのにちょうどいい距離

別荘のある土地は、ふだん暮らしている土地とは異なる特徴があったほうがいろいろと楽しめますが、あまりに遠すぎると訪れるのにも一苦労。週末に気軽に遊びに行ける距離感が欲しいところです。

もちろん、自宅がどこかにもよりますが、高鷲は、都心から遠すぎず近すぎず、日常の生活から離れて非日常を楽しむのにちょうどいい距離感です。

買い物に行きたい時には大都市の名古屋も近いですし、別荘のあるところから関西方面まで遊びに行くのにも便利。 長期的に住むのにも適しているので、セカンドハウスにもぴったりです。

」豪邸を建てる人のための日本の豪邸施工事例特集
取材協力HOP(株)
公式HPを見る
電話で問い合わせる