豪邸を建てるTOP » 豪邸のこだわりを知る » 富裕層にとっての別荘のある生活
豪邸を建てるTOP » 豪邸のこだわりを知る » 富裕層にとっての別荘のある生活

成功者にとっての別荘とは

別荘と聞くと、セレブの豪邸や高額所得者の贅沢というイメージを抱く人もいますが、富裕層が別荘を持つには単なるステータスとして以上の理由があります。

こだわり

富裕層が別荘のある生活を望む理由

富裕層が別荘のある生活を望む理由には、富裕層ならではの悩みを解消するという目的があります。

一人の時間や家族との時間を守る

富裕層と呼ばれる人々の中には、普段からとても多忙な日々を過ごしている人も少なくありません。だからこそそのような人々にとって、日常の喧噪から離れて自分一人になれる時間や、家族水入らずでゆったりと過ごせる時間を確保することは、心と体を休めて、再び毎日をパワフルに送っていく為に大切なものだと考えられています。

また、いつもの生活とは違う環境に自分を置くことで、新しいアイデアが生まれることもあります。実際、定期的に一人で別荘を訪れて、非日常の中で頭や体をリセットすることで、斬新なアイデアを生んでいる企業家やセレブは珍しくありません。彼らは自分の生み出す発想や企画の重要性を理解しているからこそ、別荘で過ごす時間を大切にしているのです。もちろん、家族や子供にも同じような非日常を経験させて、より豊かな感性を育てたいと考えている人も多いでしょう。

単に遠く離れた豪邸で過ごすだけであれば、リゾート地のホテルに泊まるという手段もありますが、別荘はホテルと違って自分の持ち物であり、予約の手間や面倒なルールもありません。他人や常識に縛られることなく、真に自由な時間を得られる場所として、別荘を持つ富裕層が多いのです。

大切な人だけを招いて絆を深め合う場所

別荘は一人で、また家族とだけで過ごす以外にも、本当に大切な仲間や気の置けない人々で集まる場所としても有効です。

一代で財を成した人でも、代々富裕層として暮らしている家系の人でも、共通して言えることは、人と人のつながりの重要性を真の意味で理解しているということでしょう。

だからこそ、彼らは大事な人々と一緒に過ごせる時間を大切にします。

残念ながら、富裕層にはあまりお付き合いをしたくない連中が何だかんだと理由を付けて近寄ってくることも少なくありません。実際、日常の暮らしの中でパーティを開けば、富裕層とお近づきになろうと、虎視眈々と狙っている輩がいて、そのような連中を上手くあしらう面倒さに辟易している人も沢山います。

別荘であれば、自分にとって招きたい人だけを招いて、心から素直にパーティを楽しむことが可能です。また、そのような場だからこそ、普段は呼べない相手を呼ぶことも出来ます。

富裕層にとって別荘とは、自分や家族との時間を守る場所であると同時に、大切な人々との時間を楽しむ為の場所でもあるのです。

別荘地ならではのコミュニティ

日本全国には別荘地と呼ばれる土地が幾つかありますが、そのような地域ならではのコミュニティも存在します。

富裕層にとって新しい人脈を広げることは重要です。ただし、出会う相手が誰でも良いというわけではありません。都会の喧噪を離れて全国から別荘地へとやって来る富裕層同士が、それぞれの地域ごとのコミュニティで、自分たちに相応しい相手と出会えるという点がポイントです。

また、代々そこで別荘を保有している家系の人であれば、既にその地域のコミュニティで築いた人脈や関係をビジネスに活かしていることもあります。そのような人々にとって、大切なビジネスパートナーや旧友と再会できる場所としても、別荘は重要な意味を持っています。

万が一の際の居住地

阪神淡路大震災や東北太平洋沖地震、熊本地震など、日本は世界有数の地震大国であり、万が一の事態に備えておくという意識は重要でしょう。

特に、ビジネスの場で重大な役割を担っている多くの富裕層にとって、万が一の際にも、日常生活を守り、速やかに仕事をリスタートできる環境を整えておくことは、リスク管理として不可欠です。その為、別荘に緊急時の食糧や防災グッズなどを常備している人も少なくありません。

一般的に、日本では「3日耐えれば救援が来る」とも言われますが、その3日間をどのように過ごすか、そしてまた4日目以降の生活をどう守るか、非常時に備えておくことは大切です。

別荘地選びのポイント

別荘を建てるにあたって最も重要となるのが、土地選び。どこに別荘を建てるかはそれぞれのニーズや用途によって異なります。そのなかでも特に考慮しておきたいポイントが、「避暑地」であるか否かです。温暖化の影響からか、年々都市部の暑さは過酷さを増すばかり。この暑さを凌ごうと、多くの富裕層が夏でも涼しく快適に過ごせる場所を求めるように。

やがて避暑地は、別荘を建てるうえで欠かせない要素として確立され、代表的である軽井沢や北海道をはじめとする標高の高い地域は、軒並み別荘地として開拓されるようになりました。

そのほか、見晴らしの良い傾斜地や歴史が長く資産価値が下がるリスクの少ない土地なども、別荘地を検討するうえでチェックしておきたいポイントの一つです。

別荘とセカンドハウスの違い

別荘の他にもセカンドハウスを保有している富裕層は大勢いますが、そもそも別荘とセカンドハウスの違いとは何なのでしょうか。

別荘とセカンドハウスの違い

別荘とセカンドハウスの最大の違いは、年間の使い方にあります。

セカンドハウスとして認められるには、文字通り2つめの住宅として、実際に“生活拠点”となっていることが必要です。具体的には、「月に1泊2日以上居住する」ことが条件になります。

一方、別荘は、生活拠点としての住宅ではなく、長期休暇時や特定のタイミングなど、年に数回宿泊する“別宅”です。

尚、セカンドハウスとしての申告が受理された場合、その物件は固定資産税や都市計画税の減額措置など、税制上の優遇措置を受けられることもあり、節税対策にもなります。

  • セカンドハウス…毎月1泊2日以上の生活実態がある2つめの生活拠点。
  • 別荘…遠方やリゾート地にある別宅。
」豪邸を建てる人のための日本の豪邸施工事例特集
取材協力HOP(株)
公式HPを見る
電話で問い合わせる