豪邸を建てる » 日本の高級住宅地一覧 » 大阪
豪邸を建てる » 日本の高級住宅地一覧 » 大阪

大阪の高級住宅地一覧

大阪の高級住宅地に共通する魅力とは

人口800万人を超える西日本の中心都市・大阪。そんな大阪で高級住宅街として知られているのが北摂地域です。郊外ならではの自然豊かな環境と治安の良さ、充実した教育環境と住みやすい環境が揃っており、大阪市のベッドタウンとしての利便性も相まって住みたい街として人気を集めています。関西屈指の高級住宅地として知られる百楽荘をはじめ、大阪の代表的な高級住宅地を紹介します。

大阪の高級住宅地

帝塚山

大阪の急激な人口増加で都心部の土地が不足し、商人や富裕層が帝塚山に別邸を構えだしたことから高級住宅街へと発展を遂げたエリアです。厳しい景観保護の規制が設けられたことで美しい街並みが守られ、大阪屈指の高級住宅街としての高い評価を得るようになりました。また、名門の帝塚山学院を中心に歴史ある公立校があることから、文教地区としても有名です。

東豊中

大阪の隠れた高級住宅地として知られる東豊中。もともとは農耕地として使用されていましたが、昭和初期以降の開発で住宅街として変貌。その後も宅地化が進められ、現在の資産家が多く住む高級住宅地へと発展していきます。東豊中は風致地区に指定されており、景観の美しさも魅力。また、教育施設や公共施設が揃っていることから、子育て世代も多く住むエリアです。

百楽荘

北摂地域のなかでも特に人気が高く、多くの政治家や著名人が邸宅を構えていることでも有名な関西屈指の高級住宅街です。電車や自家用車で梅田や神戸・京都方面へのアクセスもしやすく、交通の利便性は良好。閑静な住宅街としての良好な住環境と利便性の高さを兼ね備えており、多くのセレブから愛されているのも納得のエリアです。

大阪の高級住宅街が集まる北摂地域とは

北摂地域とは、「北摂ブランド」とも呼ばれる大阪の高級住宅街を指す言葉です。どの地域が北摂地域に含まれるのかは明確な決まりはないものの、一般的には池田市・豊中市・箕面市・吹田市・茨木市・高槻市・摂津市が北摂地域に含まれます。

北摂地域がブランドエリアとされる理由としては、「自然豊かな環境」「治安の良さ」「充実した教育環境」「交通の利便性が高い」という条件をすべて満たしているため。閑静で良好な住環境が整っていることから、多くの富裕層が集まり、高級住宅街が形成されています。

北摂地域のなかでも、特に人気の高いエリアは「箕面市」「豊中市」「吹田市」です。それぞれどのようなエリアなのかについて見ていきましょう。

箕面市

大阪で富裕層が多く住む街をあげるなら、真っ先に思い浮かびやすいのが「箕面市」でしょう。著名人も多く住んでおり、大阪では有名な高級住宅地です。箕面市のなかでも「百楽荘」「桜井」「桜が丘」は豪邸が多く建ち並ぶエリアとなり、高級感のある街並みが広がっています。箕面市は箕面の滝をはじめとした豊かな自然にも恵まれており、住みやすい環境も魅力です。

豊中市

大阪市のすぐ北側に位置し、「千里ニュータウン」があることでも知られる大阪市のベッドタウンとして発展した街です。豊中駅から大阪の中心地・梅田まで乗り換えなしの12分でアクセスでき、モノレールを利用すれば大阪空港まで10分程度と、都心部への通勤・通学や出張に困らない利便性の高さも人気の理由。なかでも「東豊中」「緑丘」「上野」が富裕層が多く住んでいるエリアです。

吹田市

太陽の塔がそびえる万博記念公園で有名な吹田市。多くの路線が市内を走っているほか、名神高速道路と近畿自動車道・中国自動車道をつなぐ吹田JCTもあり、交通アクセスの利便性がかなり良好なエリアです。吹田市にある千里山住宅地は、大正時代にイギリスの田園都市をモデルとして開発された高級住宅街。教育環境が充実していることでも知られているほか、治安も比較的良いため、富裕層から人気を集めています。

取材協力HOP(株)
公式HPを見る
電話で問い合わせる