豪邸を建てる » 日本の高級住宅地一覧 » 静岡
豪邸を建てる » 日本の高級住宅地一覧 » 静岡

静岡の高級住宅地一覧

静岡の高級住宅地に共通する魅力とは

世界遺産の富士山があることで知られる静岡。年間を通した温暖な気候と豊かな自然に恵まれた良好な住環境が整っています。日本のほぼ中央にある立地に加え、陸・海・空すべての交通インフラが整っていることから交通アクセスの利便性の高さも魅力。観光資源にも恵まれており、登山をはじめ、温泉やキャンプ、釣り、サーフィンなどさまざまなアクティビティを楽しむことができます。

静岡の高級住宅地

安東

静岡市のなかでも屈指の高級住宅地として名高いのが、葵区にある安東です。閑静な住宅街が広がっており、静岡県知事の公舎もあることから治安も比較的良好。さらに教育熱心な学校として知られる安東小学校や安東中学校もあるため、子育て世代からの人気が高いエリアです。そのほかにも、四季折々の自然を楽しめる広大な敷地の城北公園もあり、暮らしやすい住環境が整っています。

草薙

静岡市清水区に位置する草薙。草薙駅周辺は高所得者層から人気のある高級住宅街エリアとなっています。また、草薙駅周辺の再開発事業によって都市機能が高まり、利便性も向上。常葉大学静岡草薙キャンパスの新設や高層マンションの建設なども行なわれ、エリアとしての価値をさらに高める発展が期待されています。交通網が優れており、静岡市中心部への通勤・通学に便利な立地も魅力です。

静岡市と市内3区について

市町村区別面積で、全国でもトップクラスの土地面積を持つ静岡市。古くは駿府と呼ばれ、徳川家康が幼年期・壮年期・晩年期を過ごした場所としても知られています。徳川家康が晩年の地に静岡市を選んだ理由として、温暖な気候と恵まれた自然による充実した食文化を好んだからという説もあり。現在では東京や名古屋まで約1時間でアクセスできる利便性の高さも静岡市の魅力にプラスされ、暮らしやすい街として人気があります。

そのほかにも、静岡市には共働きの子育て世代に優しいという嬉しい一面も。市内の私立保育園・幼稚園がすべて認定こども園に移行されたほか、待機児童園や病児・病後児保育室も整備され、質の高い子育て環境が整っています。

静岡市では2005年に政令指定都市へ移行したのに伴い、「葵区」「駿河区」「清水区」を設置。市内3区のそれぞれの特徴について紹介します。

葵区

市内3区のなかで最も多くの面積を占めるのが、葵区です。その広大な土地面積の8割以上を山間部が占め、残りの低地や平地に住宅・商業施設が密集しています。高級住宅街の安東があるのも、葵区です。葵区には県庁や県警本部の合同庁舎など、県内の政治や安全を担う公共施設があります。また、駿府城公園周辺には県内でトップクラスの偏差値を誇る静岡高等学校や静岡大学附属小学校・中学校などもあり、文教地区としても有名です。

駿河区

静岡県最大の中心駅となる静岡駅のある駿河区は、市内3区のなかでも交通の利便性が高いエリアです。そのほかにも、国の重要文化財や特別史跡に指定されている久能山東照宮や登呂遺跡といった歴史を感じるスポットもあり。東名高速道路の静岡I.Cからも近いため、自家用車で遠出するのにも便利な立地です。また、静岡大学や静岡県立大学などの大学や短大、専門学校といった教育機関の数が県内でもトップクラスで多く、教育環境が充実しています。

清水区

静岡市が政令都市になる以前の清水市にあたるエリアで、ちびまる子ちゃんのゆかりの地としても有名です。茶畑やみかん畑のあるのどかな環境が広がっており、のんびりとした場所で子どもを育てたいファミリー世帯には魅力的な環境となっています。清水区の三保半島にある三保松原は、海岸の松原越しに富士山を望める場所として日本で初めて国の名勝に指定されたほか、ユネスコの世界文化遺産の構成資産としても登録されている景勝地です。そのほか清水区と駿河区の境目あたりにある草薙エリアは、高級住宅地として知られています。

取材協力HOP(株)
公式HPを見る
電話で問い合わせる